奥羽本線庭坂~関根間現役暗渠、廃線構造物群


奥羽本線(山形新幹線) 福島県庭坂駅~山形県関根駅間



その6

 


                  2018年8月訪問


 2代目5号トンネル 西側坑口

 窮屈な場所に口を開ける2代目トンネル。恐らく平地はなかったのではないでしょうか。崖面を削ってコンクリ擁壁を施して、無理くり平地を造り出した
感じがします。難工事だったことが窺えます。
 5号トンネルの証である「5」のペイントが。
 で、「B型」だそうです。何でしょうねえ。
 上に木製プレート。
 文字は見えません。
 で、路盤はすぐに消失し、目線の先に橋脚が
現れます。
 足元は既に橋台のようです。
 そのまま進めないので脇を降ります。
 振り返り。
 上手く橋台脇をすり抜けられました。
 
 これが 
長谷橋梁 と思われます。
 どうやら平場は本当になかったようです。
 トンネル坑口からすぐに煉瓦積みが始まって
います。
 長谷橋梁は多連橋梁です。
 1本目の橋脚。下部が煉瓦積みで、上部が
コンクリートです。
 上部を積み直したのか、コンクリ巻きをしたの
かはちょっと分かりません。
 長谷橋梁東側の橋台。
 よくこんな所に線路を通そうと思ったもんです。
 幸い橋脚の山側には楽に歩けるスペースが
あります。
 近くで見るとやはりでかいな…
 コンクリを塗っただけでしょうか。やはり分かり
ませんね。
 そして2本目の橋脚。
 山側からの土砂崩れで大分圧迫されている
感じですが、見た目には損傷の雰囲気はありま
せん。
 同じ感じでコンクリートで塗り固めたのでしょ
うか。
 結構全体が見えます。
 煉瓦の橋脚にコンクリの橋脚が乗った状態に
なっています。
 うむ、でかい。
 そして3本目の橋脚。
 こっちはえらくボロボロやな、と思ったら煉瓦
造りのままでした。
 何故こっちは補修されなかったのでしょうか。
 これは山側に隙間が無いので、谷側に廻る
他ありません。
 荒れ放題の3本目。
 天端は石積みのようです。

 で、この3本目を過ぎると…

 ぐお!!!?

 いきなりのカオスです。ここまでは比較的楽に辿れたんですが、この3本目の橋脚から西側の橋台の間が結構な谷間です。
 …あの枯れ木に沿って進めってか…うーむ…
 踏み外すと滑落というか、墜落になりそうな
悪寒…
 じっくり足場を舐め回し…うん、意外と何とか
なりそう…となり、ゆっくりと歩を進めます。
 足場は奥行きもあり、崩れる雰囲気もなかった
ので、意外とすんなり横断できました。
 まあでも、細心の注意は必須ですが…
 谷を見下ろし。
 ひょおおお…やっぱりなかなかです…

 
 何とか2代目6号トンネルの喉元に喰い付くこと
ができました。
 が…最後にまた難関が。
 砂地の斜面に阻まれます。砂地の斜面は谷に
向けて一直線です。ズリおちたら谷に直行です。
 うーん、地味にイヤやな…
 砂地の真正面は避けたい。
 ので、側面の岩場を這い上がることに。岩場は
水が滴ってかなり状況は悪いですが、砂地より
はマシです。
 何とか行けそうです…
 何とか路盤に這い上がることに成功!
 振り返ると…うーむ、結構な谷筋です。
 こっちからの行程だったら進んだかどうか…

 そして向き直すと…

 2代目6号トンネル 西側坑口

 無事に拝むことに成功しました。
 巻厚5層の馬蹄型アーチ、オーソドックスなスタイルですな。
 2代目6号トンネルの洞内。
 壮絶な外の状況からは考えられない程落ち
着いた洞内。
 誰を潜らせるでもない、トンネルがこうして全国
に眠っているんですよね…
 振り返り。
 あの先で路盤は消え去っております。
 …あれ?何かさっきと雰囲気が違うような…
 おおう…
 いつの間にか側壁が煉瓦から石積みに変わっ
ておりました。
 煉瓦側壁の方にはこんな部分的な石積み
が。なんだこれ?
 石積み側壁に煉瓦造りの退避所。
 なかなかいい雰囲気です。
 何かいいですね!
 非常に丁寧な造りです。
 暫く進むと…
 むむむ…奥に何か違和感が…
 2つ目の待避所が迫る頃には、奥の様子が
判明します。
 なかなか変わった封鎖になっています。
 何と、斜めにコンクリ封鎖です。
 これが何を意味するのか…
 あっという間に収束する空間。
 そう、実はこの向こう側は現行路線だというこ
とです。
 2代目6号トンネル東側坑口方面は現行トン
ネルに転用されたようです。
 一瞬ドキッとする切れ込みが入っています。
 しかし残念ながら埋まってます。
 しかし、このコンクリの壁、分厚いな…
 一時は抜けられるようにしていたのでしょう
か。
 …うーむ…めっちゃ微妙に隙間が続いて、奥
は僅かにアーチ封鎖部分が確認できます。
 一体、旧トンネルと新トンネルはどういう引っ付
き方をしているんでしょうか。
 最深部より振り返り…狭っ
 右側の切れ込みが気になって仕方ありませ
ん。
 そういえば、このコンクリ壁が迫り出してくる
辺りからまた側壁が煉瓦に戻っています。
 境目がありました。この施工はなんなんでしょ
うねえ。拡幅でもなさそうですし。
 中央部の構造補強とかでしょうか。
 因みに、木製の板が架かっていますが、文字
は確認できませんでした。
 さて、脱出口は一つです。
 
 東側はここまでです。2代目6号トンネルから
長谷橋梁を越えて2代目5号トンネルへ。
 …そしてその先、西側には初代(2代目でも
使用)4号トンネルがあるそうです。
 そちらに挑みにかかります。

 以降、 
その7 に続く!