奥羽本線庭坂~関根間現役暗渠、廃線構造物群


奥羽本線(山形新幹線) 福島県庭坂駅~山形県関根駅間



その5

 


                  2018年8月訪問

 何とか川床に降り立ち、対岸を見上げます。
 
 …うーむ…
 崖の半ばになんちゅう構造物を造るのか…
 
 どう見ても崖です。どうやって造ったのでしょう。
 ネットで昔の写真が出ているのを見ると、ひた
すら木組みを積み上げて支保工にしたようです
が、本当に途方もない事業だったことでしょう。
 
 どう見てもここからでは登れません。少し回り
込むか…
 下流側は絶望的。上流側に行くと、ほんの少し
緩斜面が現れます。
 ここにも石積み補強が見られます。
 上流側から折り返して斜めに斜面を登れそう
です。
 もうここしかない!
 注意深く斜面を這い上がり、橋台の段差の
場所までやってきました。

 ふう、やれやれ。
 
 この迫り出し部にトラス橋を乗せていたようで
す。
 前に迫り出している下部の橋台は、対岸のも
のと同じく、かなりの損傷具合です。
 ところが、上部の橋台は綻びが殆どありませ
ん。
 これは一体どういうことなのか…?
 そそり立つ煉瓦橋台。
 やはり少し新しい気がします。
 ネットで見かける竣功当時の写真では、この
橋台部分にアーチがあったようですが、これは
ありません。
 ということはつまり、後年に改修されている、
と判断するのが正しそうです。
 アーチ構造のなくなった煉瓦橋台。
 少し…いや、かなり残念ですが、改修されて
しまった模様です。
 しかしどうやって?厚みを増して、アーチも埋め
てしまったのでしょうか?まさか全撤去して一か
ら積み上げ直したとも思えませんが…
 対岸の煉瓦橋脚が見えます。
 ここからあそこまでをトラス橋で渡ったようで
す。
 現代ならいざ知らず、鉄道の黎明期にこんな
大規模な構造物を架けたというのですか…
 クレーンもなかったでしょうに、ひたすら川床
から支保工を組み上げたということでしょうか。
 いやあ、恐れ入ります。
 さて…と…

 目を背けていたこのそそり立つ壁に対峙しな
ければなりません。
 見た感じ、この右手の岩場もかなりの急傾斜
です。ヨッキさんたちはここを登ったというの
か…うーむ…

 植生の生え方や岩場の状態を自分なりの経験
から分析したところ、何となくの道筋は見えまし
た。
 後はいかに慎重に一歩一歩踏み出すか、
です。

 …よっしゃ…
 岩場はともかく、植生が頼りない!
 ほっそい木しか生えておりません。両手両足
両肘両膝の荷重%をその都度配分し直しなが
ら一歩一歩踏み登ります。決して1ヶ所に100%
の荷重はかけられません。常に3,4箇所に荷重
を分散させて保険を図ります。
 100%荷重の足場が崩れたら一巻の終わり
です。

 てな感じで中段まで登ることに成功。かなり
ひやひやもんでした。
 見上げます。
 まともう少しです。階段状に岩場があるように
見えますが、実際にその場に立つと、全く以て
そんな感じではありません。
 しかもここからは植生が0
 岩場だけで100%を配分しなくてはいけませ
ん。これは困った…
 ここまではある程度確信を持って登れました
が、ここの一歩は少し運の要素を入れざるをえ
ません。岩場が崩壊しない!はず…という要素
…。「~しないはず」はなるべく入れたくありませ
んでしたが、ここは致し方なし。
 
 意を決し、極力運の要素を減らせるラインを
見つけ、岩場に取り付きます。

 南無!
 時間にしてほんの数秒でしょう。
 しかし、煉瓦の壁頭頂部に手をかけるまで、
かなりの時間を感じました。
 冷汗が出ます。

 片手をかけ、安全を確認してから下向きに
撮影。ふう…怖かった…
 ここから降りるのはいややな…
 何とか無事に登り切りました。

 やれやれ。

 降りるのはやはり厳しそうです。私も別の所か
ら降りようかな。

 第一松川トンネル(初代5号トンネル) 西側坑口

 渡る橋がなくなっても開き続ける初代5号トンネル。立派なピラスター、分厚い巻厚を備えた重厚な坑門です。
 で、このトンネルの左上に「5」のエンブレムがあったようですが、なかった…気がします。いやすみません、見るのを忘れておりました。
 この写真で見ると、ヨッキさんの時より、より煉瓦が剥離しているようですので脱落してしまったのかも、です。
 だからちゃんと予習しとけって、あれ程言ったのにwww ううう…
 軌道敷きの高さからでも見えるのは最初の
橋脚だけ。
 あの橋脚には煉瓦アーチが乗っかり、その上
に軌道敷きがあったはずです。
 で、この初代5号トンネル。
 巻厚が6層もあります。なかなか壮観ですな。
 で、面白いのがこの装飾。
 小口ラインに焼過煉瓦を使用しています。
 鉄道トンネルではなかなか見ないです。

 
 洞内です。
 路面は相変わらずフラットです。
 安定した空間を維持しております。
 振り返り。
 ここから数m先で数十m真っ逆さまとは…
 安定した洞内。
 今でも現役で使えそうです。
 待避所あり。
 ブレないフォルムです。
 待避所はここと先にもう一ヶ所ありました。
 東側に抜けます。
 こちらの外の様子はどうでしょうか。

 第一松川トンネル(初代5号トンネル) 東側坑口

 意外と荒れている初代5号トンネル東側坑口。倒木と土砂が堆積し、地味に歩き難い状態になっております。
 「6」というエンブレムはあったんでしょうか。
 左手なら全く見えません。

 で、東側の巻厚は5層で、西側より1層少ない
です。やはりその場の地質等により巻厚を増減
させているようですね。
 トンネルの側面。
 水抜きがあります。
 むむ?
 坑口前の路盤に煉瓦が見えます。
 ちょっと煉瓦アーチを期待しましたが、煉瓦橋
台みたいですね、残念。
 上を歩いた時は気付かなかった程、瓦礫で埋
め尽くされています。
 少し窮屈な路盤を先に進むと、右手に煉瓦積
みが現れました。
 
 …これはひょっとして…
 そうです!
 2代目のトンネルの側壁ですね!

 ついに合流します。
 2代目も煉瓦なんですよねえ、嬉しい限りです。
 ピラスターのような迫り出しが特徴の側壁。
 水抜き穴があります。

 右手の隙間からやってきて、振り返り。
 これが2代目の煉瓦トンネルです。

 2代目5号トンネル 東側坑口

 初代との違いは、笠石と帯石が切石になったこと、ピラスターがなくなったこと、でしょうか。
 内部は…真っ暗です。
 反対側の光が見えません。少し左に折れてい
るようですが…
 振り返り。
 うむ。雰囲気よし。
 少し進むと光が見えてきました。
 やはり少し左にカーブしていますね。

 で、ここは少し補修が入っています。
 待避所がありました。
 このトンネルには3か所あった気がします。
 煉瓦の色と煤煙の色が混ざって、独特の空間
となっています。
 嫌いではありません。
 西側に辿り着きました。
 そこそこ延長がありました。

 さあ、この先には長谷橋梁と2代目6号トンネル
があるがずですが、行程が結構難儀である、と
聞いております。

 さて、無事コンプなるか!?
 以降 
その6 に続く!

 

ouuhonsen20186.htmlへのリンク