煉瓦みち



ホーム  




ねじりまんぽ(斜架橋)

橋梁名 路線  備考
所在市町村
訪問日
調査完了物件
甲中吹橋梁 JR東海道本線  訪問が容易な物件。基本人道のようだ。
 アーチ環の迫出しが特徴。
岐阜県瑞穂市
2010年5月訪問
甲大門西橋梁
JR東海道本線  これも訪問が容易な物件。基本人道。
 アーチ環の迫出しが特徴。
岐阜県大垣市
2010年5月訪問
小田原川橋梁 JR東海道本線  水路ではあるが水深は低く、長靴で注意すれば降りられる。
 坑門が残念改修されているが、内部のねじりは綺麗に残る。
岐阜県不破郡関ヶ原町
2010年5月訪問
穿屋川橋梁 JR東海道本線  水路で長靴必要な上内部狭いので、オススメはできないが見る価値あり。
 内部でアーチ3層分広くなっていて、そこがねじってある。
 「宮様の石橋」さんに教えて頂いた新ノミネート物件。
岐阜県不破郡関ヶ原町
2011年10月再訪ねじり確認
市三宅田川橋梁 JR東海道本線  水路だが水がないことが多く、比較的容易に見られる。
 ねじり斜角が緩い物件でインパクト低い。
滋賀県野洲市
2011年3月訪問
狼川橋梁 旧JR東海道本線  廃トンネル物件。両側の坑門から数mのみ残存。
 車道に近い方(東側)はすぐに訪問できる。
 ねじりに規則性がなく、謎の多い物件。
滋賀県草津市
2011年3月訪問
浅川橋梁 JR東海道本線  市街地に完全暗渠用水路として存在。訪問は全くオススメできない。
 南側2mのみねじりまんぽであとは通常アーチのレア物件。
 当方「くるまみち」の探索時に発見。新ノミネート物件。
滋賀県大津市
2011年3月訪問
兵田川橋梁 JR東海道本線  水路で長靴が必要。高低差があるので接近には注意が必要。
 内部アーチの目地が雑だが煉瓦の色が鮮やかなので写真写りが良い。
滋賀県大津市
2011年5月訪問
篠津川橋梁 JR東海道本線  兵田川橋梁にほど近い物件。立地も似ている。
 目地がやはり雑だが写真写りは良い。
滋賀県大津市
2011年5月訪問
10 旧東川橋梁 旧JR東海道本線  水路だが車道から注意すれば降りられる。長靴必要。
 ねじり斜角が鋭く、見る価値あり。
滋賀県大津市
2011年5月訪問
11 馬場丁川橋梁 JR東海道本線  廃水路?水がない。容易に入れる。比較的小さめ物件。
 ねじりアーチ内部に謎の切石が突き刺さっている。
 切石の側壁とねじり煉瓦を受けるのにイギリス積み煉瓦を2層用いている。
京都府京都市西京区
2012年3月訪問
12 円妙寺橋梁 JR東海道本線  照明もあり、人道として正式に存在するがあまりにも小さい物件。
 ねじりまんぽ史上最少物件。
 だが施工は丁寧で「沈み目地」を用いて大変美麗。
京都府乙訓郡大山崎町
2010年3月訪問
13 奥田畑橋梁 JR東海道本線  一応車も通るようだが、アーチの傷が車両を選ぶことを物語る。
 数少ない総煉瓦造りのねじりまんぽ。 
大阪府高槻市
2007年11月訪問
14 門の前橋梁 JR東海道本線  完全に車道として機能している。車道としては最大のねじりまんぽ。
 ねじり煉瓦に併せて加工された迫受石が美麗。
大阪府茨木市
2008年9月訪問
15 東皿池橋梁 JR東海道本線  人道として使用されている。
 長手積みシートで覆われてねじりが見えない
 (一部剥がれている所でねじりは確認できる)。
兵庫県西宮市
2010年9月訪問
16 第248号橋梁 JR関西本線  河川の隧道的に存在する。堀が深くアプローチが困難な物件の一つ。
 アーチ環の迫出しが特徴。比較的大きな物件である。
京都府相楽郡南山城村
2010年6月訪問
17 第272号橋梁 JR関西本線  廃水路で片側はコンクリートで塞がれている。
 駅前立地で接近には鉄の心臓が必要。
 長手積みとねじりが不揃いでころころ変化する史上最大の謎物件。
京都府木津川市
2011年1月訪問
18 烏谷川橋梁 JR関西本線  河川の隧道的に存在する。堀が深めでアプローチには注意が必要。
 坑門の風化?が激しい。
 迫受石を内部側壁の切石とは異なるものを使用している。
三重県伊賀市
2010年5月訪問
19 第91号橋梁 JR山陰本線  暗渠の改修工事が進む南部の中で辛うじて残された逸品。
 接近は容易だが、見過ごしてしまう可能性大。
 ねじりが鋭く見応えある。
京都府南丹市
2010年12月訪問
20 第130号橋梁 JR桜井線  奈良県内で数少ない煉瓦アーチ。桜井線の煉瓦アーチもここのみ確認。
 史上最悪の環境化で残されており、接近は甚だお勧めしない。
 内部は長靴でも厳しい水位。
奈良県大和高田市
2012年6月内部確認
21 東除川橋梁 南海高野線  数少ない私鉄のねじりまんぽ。比較的背の高い物件。
 水路は深いが長靴で注意すれば接近可能。
 アーチ環がコンクリ補修されているのが残念。
大阪府大阪狭山市
2011年12月訪問
22 六把野井水橋梁 三岐鉄道北勢線  唯一無二のコンクリートブロックねじりまんぽ。
 水路と人道兼用で、訪問時は手入れがかなりされていて見応えあり。
 楯状迫石を使用。最も橋梁らしい物件である。
 
※煉瓦みち三重県内に掲載。
三重県いなべ市
2011年2月訪問
23 粟田口橋梁 旧琵琶湖疏水インクライン  ねじりまんぽ中最も有名であろう物件。訪問も観光気分でできる。
 琵琶湖疏水の旧インクライン下にある非常に貴重な物件。
 装飾もねじりまんぽ中随一。
 
※特殊トンネル集人道隧道内に掲載。
京都府京都市東山区
2007年11月訪問
24 (仮称)
明治熊野街道の橋梁
明治熊野街道  おろろん氏により発見された道路由来?のねじりまんぽ橋。
 「廃道をゆく3」でもおろろん氏執筆により取り上げられた。
 資料が残らず詳細は未だ不明。
三重県多気郡大台町
2011年2月訪問
25 new
眼鏡橋
えちぜん鉄道  土木学会選近代土木遺産Bランク。
 大正2年に建設されたねじりまんぽ形式の跨線橋。
 跨線橋部門とねじりまんぽ部門重複登録。
福井県坂井市
2014年5月訪問
未調査物件
欅坂橋梁 JR日田彦山線
福岡県田川郡香春町
折尾高架橋 旧西鉄北九州線
福岡県北九州市
皇后崎橋梁 道路由来?
(旧西鉄北九州線?)
福岡県北九州市
車場川橋梁 JR信越本線
新潟県新潟市秋葉区
消滅物件
土木史研究 第20号 2000年5月 自由投稿論文 「阪神間・京阪神間における煉瓦・石積み構造物とその特徴」小野田滋氏論文 より)
第一寺西橋梁 JR東海道本線  明治8年9月竣工、径間長1.27mの記録がある。
 現在(2000年)の管理台帳に記載がない。
千本川橋梁 JR東海道本線  明治8年10月竣工、径間長1.30mの記録がある。
 現在(2000年)の管理台帳に記載がない。
八篠川橋梁 JR東海道本線  明治9年1月竣工、径間長1.02mの記録がある。
 現在(2000年)の管理台帳に記載がない。
三重川橋梁 JR東海道本線  明治8年10月竣工、径間長1.30mの記録がある。
 現在(2000年)の管理台帳では既に煉瓦積み構造物ではないらしい。
安井橋梁 JR東海道本線  明治6年2月竣工、径間長1.52mの記録がある。
 さくら夙川駅新設に伴い消滅。最も最近消滅した物件。
 
木仙上谷橋梁 JR東海道本線  明治5年4月竣工、径間長1.68mの記録がある。
 小野田氏論文によると近年撤去だということ。
※記録:「鉄道線路各種構造物明細録・第一篇」鉄道庁(1892)より