水路隧道



 


岐阜県
JR東海道本線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
愛知県境〜岐阜駅〜西岐阜駅間
※未発見
西岐阜駅〜穂積駅間
立野第二橋梁 半円 4 人道 整石 整石 両出 1連 水路にコンクリ桁を敷いて人道にしている
2 三の町下水橋梁 半円 4 水路
人道
整石 整石 両出 1連 401k885m70
鉄道庁の資料では「三ノ町橋梁8尺」
北側坑門、内部側壁はコンクリ補修されている
3 一の町架道橋 半円 4 車道 煉瓦 不明 方出 1連 402k282m40
鉄道庁の資料にない物件
ペイント、鉄枠補強により坑門の視認が不良
内部も全体が補修されている
北側は拡幅されている
隅石がある
穂積駅〜大垣駅間
4 三の町橋梁 半円 5 水路
人道
整石 整石 両出 1連 402k973m42
鉄道庁の資料では錬鉄板桁12尺
軽車両なら通れるかも
5 甲二の町橋梁 半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 1.21m
(4尺)
残存可能性:確定(2015.10訪問)
泥濘が酷く、内部潜入不可
6 甲五の町橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 403k301m92
鉄道庁の資料では木桁15尺
古レールを組み合わせた橋脚に木桁を引いて人道
としていたようだが、現在は廃化。木桁も殆どなく
なっている
7 乙五の町橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 403k512m55
鉄道庁の資料では木桁8尺
古レールを組み合わせた橋脚にコンクリ桁を引いて人道
としていたようだが、現在は廃化。コンクリ桁もなく
なりつつある
8 一の町下水橋梁 欠円 2 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 こばやしさん発見報告有(2015.10訪問)
403k601m
鉄道庁の資料にない物件。後年物と思われる
9 一の町橋梁 半円 4 人道 整石 整石 両出 1連 403k671m27
鉄道庁の資料では木桁8尺
元々水路だったのを近年人道化した模様
10 乙二の町橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 403k989m11
鉄道庁の資料では木桁の避溢橋15尺
11 宮東橋梁 半円 4 人道 整石 整石 両出 1連 404k172m38
鉄道庁の資料では木桁の避溢橋15尺
軽車両なら通れるかも
元々水路だったのを近年改修した模様
12 雁ヶ坪橋梁 半円 4 車道 整石 整石 両出 1連 404k753m75
鉄道庁の資料では木桁の避溢橋15尺
未舗装車道
13 (仮)牛牧橋梁 欠円 2 水路 煉瓦 不明 不明 1連 km不明
鉄道庁の資料にない物件
南側未確認
内部は土管に改修されており、視認は坑門のみ
no photo 宮前橋梁 1連 3.64m
(12尺)
残存可能性:極低
鉄桁に改修済みの模様
14 甲中吹橋梁 半円 4 車道 整石 整石 両出 1連 405k397m49
鉄道庁の資料では錬鉄板桁15尺
ねじりまんぽ
軽車両以下推奨
一部鉄板補強あり
15 乙中吹橋梁 半円 4 車道 整石 整石 方出 1連 405k680m53
鉄道庁の資料では木桁8尺
軽車両以下推奨
16 (仮)横屋橋梁 欠円 2 水路 煉瓦 煉瓦 方出 1連 km不明
鉄道庁の資料にない物件
南側は確か土管だったかと…
17 上江崎橋梁 半円 4 水路 整石 整石 方出 1連 406k053m30
内部アーチに小口の列があるのを確認
しかしアーチ環に竪積みはない
18 宮東橋梁 半円 4 水路
人道
煉瓦 煉瓦 方出 2連 406k512m77
鉄道庁の資料では単連アーチ12尺
坑門の一部がコンクリ補修を受けている
内部の一部に古レール補強あり
切石の水切りあり
19 喜内前橋梁 半円 4 人道 整石 整石 方出 1連 406k719m96
鉄道庁の資料では木桁6尺
軽車両なら通れるかも
内部の一部に古レール補強あり
no photo (仮)新開橋梁 半円 2 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 こばやしさん発見報告有!
20 甲大門西橋梁 半円 4 人道 煉瓦 煉瓦 両出 1連 407k062m76
鉄道庁の資料では木桁6尺
ねじりまんぽ
隅石あり
21 乙大門西橋梁 半円 4 人道 煉瓦 煉瓦 両出 1連 407k157m51
鉄道庁の資料では木桁6尺
大垣駅〜垂井駅間
22 室池橋梁 半円 4 水路 整石 整石 不明 1連 410k253m89
北側未確認
現在養老線の直下にある模様。東海道線側は
未確認
宝池→室池に修正(謝)
no photo 甲宮村村内橋梁 1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:
現地未確認だが航空写真ではそれらしき箇所は
確認できない
no photo 乙宮村村内橋梁 1連 1.21m
(4尺)
残存可能性:
北側確認したが確認できず。南側未確認
no photo 南長澤橋梁 1連 0.91m
(3尺)
残存可能性:
北側確認したが確認できず。南側未確認
no photo 南中曽根橋梁 1連 0.91m
(3尺)
残存可能性:
北側確認したが確認できず。南側未確認
23 (仮)笠縫橋梁 半円 2 水路 煉瓦 煉瓦 両出? 1連 2015.10新規発見
鉄道庁の資料になく、後年物と思われる
南側は未確認
24 長谷川橋梁 半円 2 水路 整石 整石 両出 1連 0.91m
(3尺)
km不明
南側未確認
25 兵下橋梁 半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 413k094m38
鉄道庁の資料では木桁3尺
no photo 落合橋梁 1連 0.91m
(3尺)
残存可能性:
26 甲永長橋梁 半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 1.21m
(4尺)
27 乙永長橋梁 半円 3 水路 整石 整石 片出 1連 1.21m
(4尺)
28 甲梅ノ木原橋梁 半円 3 水路 整石 整石 片出 1連 1.21m
(4尺)
南側は土管にて拡幅している
垂井駅〜関ケ原駅間
29
30
乙梅ノ木原橋梁 半円
欠円
3
3
水路 整石
不明
整石
整石
片出
挟まれ
1連 1.21m
(4尺)
北側の暗渠部に謎の欠円アーチ橋梁あり
往時には歩行者通路用、あるいはホームの橋梁
であった可能性がある
31 不帰川橋梁 半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 1.21m
(4尺)
床面が石積み
32 石畑橋梁 半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 1.21m
(4尺)
421k336m23
床面インバートに煉瓦を使用
33 梨子谷橋梁 半円 2 水路 整石 整石 両出 1連 0.91m
(3尺)
km不明
床面インバートに煉瓦を使用
34 小田原川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 2.67m
(8尺8寸)
422k010m55
ねじりまんぽ
35 穿屋川橋梁 半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 3.33m
(11尺)
422k442m86
中央付近のみねじりまんぽ
直角径間長は8尺。でも明らかに11尺はもとより
8尺もない。中央部のねじりまんぽ部がアーチ3層分
広いので8尺あるかもしれない
ちなみに「ウヤガワ」と読む
関ケ原駅〜滋賀県境間
36 藤古川橋梁 半円 5 水路 整石 整石 両出 3連 425k331m62
上流側に切石の水切りがある
37 了願寺橋梁 半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 不明 1連 425k971m25
北側未確認
38 黒血川架道橋 半円 5 車道 煉瓦 煉瓦 両出 1連 426k052m20
笠石がある
両側とも鋼鉄の支えが2本ある
壬申の乱(672年)の激戦で、両軍の兵士の流血が
川底の岩石を黒く染めたことから、この名が付いた
現地の看板より
39 北谷川架道橋 半円 5 車道 整石 整石 両出 1連 426k289m47
笠石がある
40 向太郎川橋梁 半円 4 人道
水路
整石 整石 両出 1連 426k669m24
41 登里橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 426k759m75
笠石がある
内部及び北側未確認
42 門前町橋梁 半円 4 水路
人道
整石 整石 片出 1連 427k685m40
額の高い坑門はコンクリ製の支柱2本に支えられて
いる
43 妙応寺架道橋 半円 5 車道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 427k831m07
坑門には大きな要石、隅石がある
スプリングラインに大小の切石を交互に配する
拡幅はコンクリアーチで、竣功は昭和29年12月18日
44 中狭川橋梁 半円 5 水路 整石 整石 片出 1連 427k956m
現地のプレートでは「中挟川」となっているが、河川
名が「中狭川」なのでこちらが正解かと
片出だが、BK側も坑門の視認は可能
45 一丁町橋梁 半円 4 水路 整石 整石 片出 1連 428k696m16
JR東海道本線(旧線)
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
関ケ原駅〜滋賀県境間
46 枇杷掛谷橋梁 半円 4 水路 整石 整石 片出 1連 2.42m
(8尺)
2.45m 現在は国道365号線の下にある
西側はコンクリアーチにて拡幅されている
床面は石畳
47 後洞橋梁 半円 2 水路 整石 整石 片出 1連 0.91m
(3尺)
1.60m 現在は国道365号線の下にある
西側はBKにて拡幅されている
東側が埋まりかけている
JR中央本線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
愛知県境〜古虎渓駅(旧線区間)
未探索
古虎渓駅〜多治見駅(旧線区間)
new(仮)多治見月見南橋梁 半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 3.03m
(10尺)
旧線区間である愛岐トンネル群北側に位置する
笠石のみ切石のスタンダードな煉瓦アーチ
new(仮)多治見月見北橋梁 半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 3.03m
(10尺)
旧線区間である愛岐トンネル群北側に位置する
笠石のみ切石のスタンダードな煉瓦アーチ
多治見駅〜土岐市駅間
けっちくざわがわ 
new欠築沢川橋梁
半円 5 車道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.64m
(12尺)
2.92m 車道の真下に欠築沢川の流れが潜っており、側壁
の煉瓦が視認できる
往時は車道が無く、川床までの背の高い橋梁だっ
た可能性がある
new(仮)多治見東栄橋梁 半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.82m
(6尺)
下流側:史上稀に見る細高い物件。翼壁の巨大さ
も圧巻の一言。何故こんな所にこの仕様???
内部:自然の地形を利用して大きな段差が4段あ
り、その都度両隅の階段状の煉瓦積みを合わせて
造っている
上流側:階段状に上がって行った結果、スタンダード
な坑口に戻るが、胸壁がやたら広くなる
土岐市駅〜瑞浪駅間
未発見
瑞浪駅〜釜戸駅間(旧線区間含む)
new(仮)白狐温泉橋梁 半円 3 人道 整石 整石 両出 1連 1.82m
(6尺)
2.47m 白狐温泉傍の旧線跡車道の真下で余生を過ごす
煉瓦アーチ
車道は下り坂になっており、旧線敷きの存在を知ら
ないと見つけるのは困難な物件
new御湯川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 3.03m
(10尺)
2.10m 大島川橋梁として知られていたと思われる物件
内部アーチは比較的綺麗な赤茶色を残している
瑞浪駅〜武並駅〜恵那駅間
未発見
恵那駅〜美乃坂本駅間
new小路川橋梁 半円 不明 水路 不明 整石 挟まれ 1連 2.42m
(8尺)
明知鉄道との分岐近くに残る挟まれ暗渠
側壁最下部の基礎石を含めて9段あり、背が高い
new旧市場田川橋梁 半円 3 水路 煉瓦 不明 片出 1連 市場田川架道橋の脇に眠るコンクリ詰めされたかつて
の水路暗渠
片側だけでもよく残ってくれていた物件
new広久平橋梁 半円 4 水路 煉瓦 整石 片出 1連 3.03m
(10尺)
2.62m 北側の二軒屋池の水を通す
側壁の切石を越える喫水線跡が恐ろしい
new(仮)茄子川中切橋梁 半円 3 水路 煉瓦 整石 片出 1連 1.21m
(4尺)
1.20m この近辺では小さい部類
美乃坂本駅〜中津川駅間
new後田川橋梁 半円 4 車道 煉瓦 整石 片出 1連 2.42m
(8尺)
車道にしては狭い方で、アーチ部の損傷が目立つ
が、車高制限の1.3mって…2.3mの間違い?
new(仮)中津川駒場橋梁 半円 5 車道 煉瓦 整石 片出 1連 3.03m
(10尺)
下部に水路を通す車道
ここも車高制限1.9m…やっぱり2.9m?
new曲川橋梁 半円 4 水路 煉瓦 整石 片出 1連 1.82m
(6尺)
名称は車道の銘板より
昔は人道にも使われていたようで、水路と半々で
道が付いている。今は片側が完全暗渠
元人道の上に謎の棚受けがある。奥のコンクリBKに
まで続く…謎
new(仮)中津川太田橋梁 半円 3 水路 不明 整石 挟まれ 1連 1.21m
(4尺)
1.15m 中津川駅直下に潜む物件
低すぎて反対側まで行く根性がなかったが恐らく
挟まれ
駅下はこういうのが結構あるが、こぞって難易度
(いろんな意味で)が高い
中津川駅〜落合川駅間
new淀川橋梁 半円 5 水路 煉瓦 整石 片出 1連 3.03m
(10尺)
中津川駅直下に大きく口を開ける物件
先の暗渠とは明暗の差が大きいが、下水感が
強い
new(仮)中津川落合橋梁 半円 不明 水路 不明 整石 挟まれ 1連 1.82m
(6尺)
両側とも薄いコンクリアーチで補修を受けており、坑門は
視認できない
落合川駅〜坂下駅〜長野県境間
未発見