旧吊鐘隧道
和歌山県

 

 
 現役高田口隧道の旧隧道である高田隧道は発
見に至りました。この新宮市を走る国道168号線で
は3箇所目です。ということは残る一箇所も。。。
 場所は、高田口隧道から南、新宮市街方面へ
1.5kmほどでしょうか、車ではあっという間に現役
吊鐘隧道に辿り着きます。
 最初は南側の様子を確認しましたが、旧道があり
そうな現役隧道脇は思いっきり会社の敷地内と
なっており、全く近づけそうにありません。
 と、いう訳で北側に回ってきました。
 写真は現役吊鐘隧道の真ん前です。停めるス
ペースが結構シビアで、何とか後続車と間隔を
あけて、この場所に滑り込みました。
 現役吊鐘隧道です。

1971年(昭和46年)竣工 延長169.2m
限界高4.8m 幅員8m
す。
延長以外の竣工年など高田口隧道と全く同じです。
 で、旧隧道の目測はやはり現役隧道の左手、
熊野川とのスキマです。
 一見それらしき道はなさげなのですが。。。
 この水準点看板の後方は、何か崖下のように
緑とともに地面が下がっています。
 。。。。。。。。。。うーん。。。
 
 すぐに川に至るわけではないですが、一段下がっ
た窪地のようになっており、不法投棄らしいごみが
散乱しています。
 取り合えず行ってみるか。。。
 
 少し降りて振り返り。
 既に緑の海に潜りつつあります。
とげとげ植物も結構あってきついなー。
 左手から斜面を降り、さらに現役の車道と平行し
て南方面に傾斜しています。その傾斜地にはゴミ
がたくさんです。
 その傾斜地から、南を見ますと。。。んんん??
 !!出ました!!
 やはりありますね〜、見事に外しません。嬉しい
かぎりです。
 今回の旧隧道はかなり現道よりも下に位置しま
す。
 これまた素掘りです。
 
 吊鐘隧道
 竣工年不明  延長157m
 限界高4m 幅員3.7m


 だそうです。またまた竣工年不明ですが、高田
隧道の時と同じく、1935年か1936年ではないで
しょうか。
 ただ、幅員が相当狭いです。高田隧道は4.5mで
すが、これは3.7mです。これはもう交互通行必至
ではないですか???国道で???
 すさまじいです。157mで交互通行?信号みたい
なのはあったのでしょうか。
 あり?洞底に降り立つと反対側の光が見えなく
なりました。。。なんで???
 素掘りのモルタル吹き付けは相変わらずです。
 北、本宮方面側坑口です。
 もともとこの隧道から先が上りになっていたのか
土砂を盛られたのかは不明ですが、ゴミとともに
道跡が上昇していきます。
 隧道から現道を見上げます。
 高い石組みの法面が続きます。あの上が現道の
高さです。
 内部に潜入します。高田隧道と違い、路面の状
況は芳しくありません。少々のぬかるみ有りです。
 奥の方は盛り土がされているようです。洞底に
降り立った時に反対側の光が見えなくなった理由
がここにありました。
 中央盛り土付近です。
 ここはまたこうもりさんが多数生息しております。
田烏隧道までひどくはありませんが、生息数、臭い
ともに結構なものです。
 やっぱり慣れんなあああ。。。
 盛り土から南側出口を見ますと。。。やたら日光
の反射がきついです。しかもやや赤い???
 何か人工物が出口付近にある模様です。
 一方北側出口です。こちらはいたって普通です。
 でも上部に普通でない写り方をしているこうもり
さんがいますが。。。突っ込まれる〜
 結局南側は、会社の敷地内になるようで、これ
以上近付くことができませんでした。
 赤く反射していたのは会社の設備のようです。
 まずいまずい。。。と、またこうもりさんをお騒がせ
して引き返しました。
 南半分は会社で使用され、北半分は完全な廃
隧道という2面性を持つ風変わりな隧道と化して
おりました。

 これで、
 168号線に残る廃隧道は全て見つけられたと
思うのですが、まだ周辺にあるよ!という情報を
お持ちでしたら、是非ご一報下さいませ。