水路隧道



 


山口県
JR山陽本線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
広島県境~和木駅~岩国駅~~~由宇駅間
※未発見
由宇駅~神代駅間
new
(仮)神東橋梁
石桁 水路 整石 片出 1連 西側はコンクリアーチにて拡幅されている
小振りだが片側に翼壁がある
2022年12月訪問
神代駅~~~田布施駅間
※未発見
田布施駅~岩田駅間
new
天徳橋梁
半円 3 人道
水路
整石 整石 片出 1連 3.03m
(10尺)
南側はコンクリアーチにて拡幅されている
2022年12月訪問
new
葛岡架道橋
半円 4 車道
水路
整石 整石 片出 1連 4.55m
(15尺)
  南側はコンクリアーチにて拡幅されている
通し番号2021
2022年12月訪問
new
閏田架道橋
半円 4 車道 整石 整石 片出 1連 3.64.m
(12尺)
  大字は潤田だが、果たして…
南側はコンクリアーチにて拡幅されている
通し番号2022
2022年12月訪問
new
榊本橋梁 
半円 4 水路
人道
整石 整石 片出 1連 4.55.m
(15尺)
  読みは「サカモト」
南側はコンクリアーチにて拡幅されている
一応人が通れるスペースがあるが、前後の道が
完全に藪化しており、現在は使われていない
2022年12月訪問
岩田駅~島田駅間
※未発見
島田駅~光駅間
new
下鍜治橋梁
石桁 水路 整石 整石 片出 2連 南側はコンクリアーチにて拡幅されている
坑門があり、持ち送り積みの2連石桁は珍しい
水切りはコンクリ製
2022年12月訪問
光駅~下松駅間
new
(仮)東豊井橋梁
石桁 水路 整石 整石 1連 北側の坑門のみ確認
内部は水深があり、確認できなかった
南側の様子は全く不明
2022年12月訪問
下松駅~櫛ケ浜駅~徳山駅~~~防府駅~大道駅~四辻駅間     
※未発見
四辻駅~新山口駅間
new
古江角橋梁
半円 人道
水路
煉瓦 挟まれ 1連 3.03m
(10尺)
南側はBK、北側はコンクリアーチにて拡幅されてい

2022年12月訪問
新山口駅~嘉川駅~本由良駅間
※未発見
本由良駅~厚東駅間
new
井手橋梁
半円 水路 煉瓦 挟まれ 1連 1.21m
(4尺)
南側はBKにて拡幅、北側はコンクリアーチの補強が
されており、坑門が視認できない
2022年12月訪問
new
河内原北橋梁
半円 水路 煉瓦 挟まれ 1連 1.21m
(4尺)
南側はBKにて拡幅、北側はコンクリアーチの補強が
されており、坑門が視認できない
2022年12月訪問
new
柿ノ木原橋梁
半円 2 人道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 1.21m
(4尺)
南側はBKにて拡幅されている
「柿ノ木原暗渠」のペイントあり
笠石部分は3層の煉瓦積み
2022年12月訪問
new
北谷橋梁
半円 2 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 1.21m
(4尺)
南側はBKにて拡幅されている
「北谷拱渠」のペイントあり
笠石部分は2層の煉瓦積みで、傾斜させている
水路だが、人が通れるように両坑門前に足場を
作っている
2022年12月訪問
厚東駅~宇部駅間
new
河原橋梁
石桁 水路 整石 煉瓦 両出 4連 4連の石桁というだけでも非常に貴重な物件
切石の水切りは、水門を差し込める窪みがあり、
非常に手間をかけて丁寧に造られている
側壁は煉瓦だが、石桁との間に桁受けの石を
挟んでいる。又、上流側には隅石も使用してお
り、煉瓦部分の補強は万全である
見れば見るほど興味深い物件。一見の価値が
あるが、用水路のため水を流していると8割近く
水没する
2022年12月訪問
宇部駅~小野田駅間
10 new
梅ノ木川橋梁
半円 車道 煉瓦 挟まれ 1連 4.55m
(15尺)
両側ともコンクリアーチにて拡幅されている
側壁端部に円弧形煉瓦を使用している
円弧形煉瓦は岡山県の三石地区が有名だが、
山口県の西部に割とあることが分かった
2022年12月訪問
小野田駅~厚狭駅間
11 new
(仮)千崎橋梁
半円 煉瓦 煉瓦 片出 1連 1.82m
(6尺)
西側はコンクリで拡幅していたようだが、途中から
閉塞している
閉塞部から奥は現役線下となる。煉瓦アーチ部は
廃線箇所となり、JRの管理から外れている
東側は坑門が出ているようだが、藪化が著しく
部分的にしかその様子が確認できない。コンクリ補
修が多いようだ
また、東側に繋がる道もなく、水路が横断する
側壁端部に円弧形煉瓦を使用している
また、スプリングラインに焼過煉瓦を使用している
2022年12月訪問
厚狭駅~埴生駅間       
12 new
五反田架道橋
半円 4 車道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.64.m
(12尺)
南側はコンクリアーチにて拡幅されている
スプリングラインに焼過煉瓦を使用している
側壁端部に円弧形煉瓦を使用している
2022年12月訪問
13 new
芝崎架道橋
 
半円 3 車道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.64.m
(12尺)
南側はコンクリアーチにて拡幅されている
坑門の上部がコンクリ補修を受けている
スプリングラインに焼過煉瓦を使用している
側壁端部には円弧形煉瓦を使用している
通し番号2068
2022年12月訪問
14 new
碇川橋梁
半円 4 車道
水路
煉瓦 煉瓦 片出 1連 4.55m
(15尺)
  南側はコンクリアーチにて拡幅されている
スプリングラインに焼過煉瓦を使用している
側壁端部には円弧形煉瓦を使用している
2022年12月訪問
15 new
高尾橋梁
半円 3 人道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 2.42m
(8尺)
  南側はコンクリアーチにて拡幅されている
スプリングラインに焼過煉瓦を使用している
側壁端部には円弧形煉瓦を使用している
通し番号2165
2022年12月訪問
16 new
音丸川架道橋
半円 4 車道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 4.55m
(15尺)
  南側はコンクリアーチにて拡幅されている
側壁端部に円弧形煉瓦を使用している
2022年12月訪問
new
畑田橋梁
石桁 水路 整石 片出 1連   南側はBKにて拡幅されている
桁を支える上段の側壁石積みが持ち送り積み
橋梁中ほどで、下流に向けて下がる川床に合わ
せて石桁を2段下ろしている
2022年12月訪問
17 new
中村架道橋
半円 3 人道 整石 整石 両出 1連 1.82m
(6尺)
  同じ山陽小野田市にありながら随分と造りの異
なる拱渠
通し番号2074
2022年12月訪問
埴生駅~小月駅間
    ※未発見                    
18 new
糸根川橋梁
半円 3 水路
人道
煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.03m
(10尺)
  南側はコンクリアーチにて拡幅されている
側壁端部に円弧形煉瓦を使用している
水路に人道を設けた形となっている
高さがある割に幅が10尺なので、かなり背丈が
ある印象を受ける
2022年12月訪問
19 new
矢倉架道橋
半円 3 車道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 2.42m
(8尺)
  南側はコンクリアーチにて拡幅されている
側壁端部に円弧形煉瓦を使用している
通し番号2076
2022年12月訪問
20 new
松屋橋梁
半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.03m
(10尺)
  南側はコンクリアーチにて拡幅されている
側壁端部に円弧形煉瓦を使用している
2022年12月訪問
小月駅以西
    ※未探索                    
      JR山口線      
    名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
新山口駅~周防下郷駅間   
    ※未発見                     
周防下郷駅~上郷駅間  
21  new
(仮)小郡下郷南橋梁
欠円 4 人道 整石 整石 両出 1連 2.42m
(8尺)
  状態が非常に良く、造りも丁寧で美麗
山口県内で欠円アーチは珍しい
迫受石がある。笠石は江戸切り
2022年12月訪問
 new
(仮)小郡下郷北橋梁
石桁 水路 整石 整石 両出 1連   こちらも非常に丁寧な造り
2段の持ち送り積みになっている
2022年12月訪問
上郷駅以北
    ※未探索                     
JR小野田線
    名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
小野田駅~目出駅間        
22 new
(仮)下木屋橋梁
半円 3 車道 C C 両出 1連 1.21m
(4尺)
  一見煉瓦積みだが、実は煉瓦ブロックのように加
工されたコンクリブロック…と思われる
鉱滓煉瓦でもない、ように感じる
このような施工は今まで見たことがない。ある意
味非常に貴重な物件
その施工に敬意を払い、煉瓦アーチとしてノミネートす

笠石部に雁木を入れる拘りがあるが、コンクリブロッ
クなので、風化が著しい
全体的に風化ぎみで、やはり煉瓦のような耐久
性は得られないようだ
2022年12月訪問 
目出駅以南           
    ※未探索