水路隧道



 


静岡県
JR東海道本線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
愛知県境〜新所原駅間
※未発見
新所原駅〜鷲津駅間
前田川橋梁 半円 4 人道 整石 整石 両出 1連 3.03m
(10尺)
明治20年4月竣功
鉄道庁の資料では前田面橋梁となっているが、
誤りと思われる

両側ともアーチ環頭頂部及び両斜め上に竪積みあり
no photo 前田面橋梁 1連 3.64m
(12尺)
残存可能性:無し
明治20年6月竣功
鉄道庁の資料では12尺煉瓦アーチとなっているが
実際は煉瓦橋台の鉄桁橋
前田川橋梁と混同してのミス表記と思われる
梶田避溢橋 半円 4 現人道
未使用
水路
煉瓦 不明 方出 3連 3.64m
(12尺)
3.14m
3.65m
3.65m
明治20年12月竣功
3連とも南側アーチ環頭頂部に竪積みあり

北側坑門はコンクリで覆われている。他、コンクリ補強
Iビームアーチ補強などかなりの手が加えられている
南側各坑門の間2か所に石積みの水切りがある
一ノ宮川橋梁 半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 方出 1連 4.55m
(15尺)
4.40m
明治20年11月竣功
南側アーチ環頭頂部に竪積みあり
北側坑門はコンクリで覆われている。他、コンクリ補強
Iビームアーチ補強などかなりの手が加えられている
茶屋松橋梁 半円 4 車道 煉瓦 煉瓦 両出 1連 2.42m
(8尺)
2.36m 明治20年5月竣功
両坑門ともアーチ環頭頂部に竪積みあり
アーチ環に独特な虎柄ペイントあり
鷲津駅〜新居町駅間
no photo 天頭山橋梁 1連 3.03m
(10尺)
残存可能性:なし
明治20年11月竣功
天頭山BVに改修済み
273k732m
新居町駅〜弁天島駅〜舞阪駅〜高塚駅〜浜松駅〜天竜川駅間
※未探索
天竜川駅〜豊田町駅間
半場川橋梁 半円 4 人道
水路
煉瓦 煉瓦 両出 1連 4.55m
(15尺)
明治20年12月竣功
路線付け替えによる廃線敷きに残存
両坑門ともアーチ環左右に竪積みあり
北側坑門隅石部や内部アーチ小口積み列に焼過
煉瓦を使用している。こちらが初期物か
豊田町駅〜磐田駅間
※未探索
磐田駅〜袋井駅間
(仮)西貝塚橋梁 石桁 水路 整石 1連 北側のみ確認
no photo 中原川橋梁 1連 0.91m
(3尺)
残存可能性:
明治21年7月竣功
南側露出なし。グレーチングの下にある?
北側は社有地内?
八幡川橋梁 半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 1.82m
(6尺)
明治21年5月竣功
南側坑門小口やアーチ環、内部側壁小口に焼過煉
瓦を使用している
翼壁が長い
no photo 大門川橋梁 1連 0.91m
(3尺)
残存可能性:確定(宮川さんより発見報告有り)
明治21年3月竣功
南側は新幹線で完全ガード
北側は区画整理中で入れなかった
no photo 三角川橋梁 1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:極少
明治21年11月竣功
人道に改修か。その人道自体未確認
袋井駅〜愛野駅間
小野田沢橋梁 半円 4 水路 整石 整石
両出 1連 1.82m
(6尺)
明治22年2月竣功
北側の坑門は左に大きく傾斜している
内部側壁は水没しており未確認
古川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 片出 1連 1.82m
(6尺)
明治21年12月竣功
新幹線と並行しておりガードが堅い
潜入困難度AAA
内部も長靴越え水没で南側の坑門未確認
愛野駅〜掛川駅間
no photo 愛野橋梁 1連 0.91m
(3尺)
残存可能性:
明治21年11月竣功
北側には痕跡なし
南側の原橋梁(BK)の辺りかと。防災貯水池に穴
開いてる?
梅橋橋梁 半円 4 水路 整石 整石 片出 1連 2.42m
(8尺)
明治21年9月竣功
北側からアプローチ可能
10 堤下橋梁 半円 4 人道 乱石
整石
整石 両出 1連 1.82m
(6尺)
明治21年9月竣功
北側の坑門がなぜか乱石積み
並行する新幹線の橋梁名は正法寺橋梁
no photo 南坪橋梁 1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:極少
明治21年9月竣功
BK改修済み?ストリートビューで名称も確認
no photo 沢田川橋梁 1連 2.42m
(8尺)
残存可能性:極少
明治21年10月竣功
BK改修済み?ストリートビューで名称も確認
掛川駅〜菊川駅間
11 竜脇川橋梁 半円 4 車道 整石 整石 両出 1連 2.42m
(8尺)
明治21年4月竣功
軽車両以下
12 鳥居川橋梁 半円 4 車道 煉瓦 煉瓦 方出 1連 4.24m
(14尺)
明治21年12月竣功
大柄。隅石がある。
複線化時に同じ煉瓦で拡幅された形跡がある
内部アーチ以外は焼過煉瓦を使用している
13 屋ノ谷橋梁 半円 3 人道 整石 整石 両出 1連 鉄道庁の資料に存在しない橋梁。
周辺の橋梁よりも延長が長く、後年増設された橋梁
と思われる。
14 九ノ谷橋梁 半円 4 車道 整石 整石 方出 1連 2.42m
(8尺)
明治21年10月竣功
軽車両以下
複線化時にはコンクリートで拡幅している
菊川駅〜金谷駅間
15 加茂川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 方出 1連 1.82m
(6尺)
明治21年7月竣功
北側はアーチセントルにて拡幅している
16 橋詰川橋梁 半円 4 車道 整石 整石 両出 1連 3.03m
(10尺)
明治21年5月竣功
17 沢水加川橋梁 半円 5 水路 整石 整石 両出 1連 9.09m
(30尺)
明治21年10月竣功
たぐいまれな大径間を持つ橋梁。が80尺は盛り過
ぎでは?
←済みません。見間違えでした(大汗)
複線化時に焼過煉瓦にて拡幅している模様
河城100選名所8に選出されている
18 倉沢川橋梁 半円 4 水路
人道
整石 整石 両出 1連 4.24m
(14尺)
明治21年10月竣功
かなりの高さを有する橋梁。
19 落居川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 方出 1連 1.82m
(6尺)
明治21年4月竣功
北側はアーチセントルにて拡幅している
20 沢川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 片出 1連 2.42m
(8尺)
残存可能性:中(2017年12月訪問)
明治22年2月竣功

径間長は厳密には8尺3寸4分の1
床面は石畳
金谷駅〜島田駅間
21 向山橋梁 半円 2 水路 整石 整石 片出 1連 0.91m
(3尺)
残存可能性:確定(2017年12月訪問)
明治20年9月竣功
アーチ環に「向山拱渠」のペイントあり
22 (仮)金谷天王町西橋梁 半円 2 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 0.91m
(3尺)
残存可能性:確定(2017年12月訪問)
明治20年9月竣功

煉瓦積みのインバートがある
23 (仮)金谷天王町橋梁 欠円 2 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 0.61m
(2尺)
残存可能性:確定(2017年12月訪問)
明治20年9月竣功

この付近では珍しい2尺物件
北側は未確認だが恐らく片出
24 (仮)金谷天王町東橋梁 半円
人道
3 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:確定(2017年12月訪問)
明治20年10月竣功

真新しい修繕で水路に人道が確保されている。元
々は煉瓦積みのインバートだったと思われる
北側目の前に大井川本線の桁橋がある
25 龍雲寺沢橋梁 半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.82m
(6尺)
明治20年12月竣功
要再訪問
26 (仮)金谷二軒屋西橋梁 半円 2 水路 煉瓦 煉瓦 1連 0.91m
(3尺)
明治20年12月竣功
煉瓦積みのインバートがある
27 (仮)金谷二軒屋東橋梁 半円 2 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 0.91m
(3尺)
明治20年11月竣功
no photo 第二甚兵衛島橋梁 1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:
明治21年7月竣功
存在は高いが、両側とも社有地であるため、
接近不能
28 no photo 第一甚兵衛島橋梁 半円 3 整石 1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:確定
明治21年7月竣功
存在は間接的に確認済みだが、両側とも社有地
であるため、接近不能
29
30
紡績所架道橋 半円 3 人道 整石 整石 挟まれ 1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:不明(2017年12月訪問)
明治22年3月竣功
島田駅の下を潜る地下道がそれだったのか不明
人道だったとしたら、かなり細高い通路だったと
思われる
地下道で正解。2基存在する。白くペイントされている
コンクリアーチや桁橋が混然一体となっており、後付け
感が激しい
鉄道庁の資料では紡績所道橋梁3尺とある。後年
改修されたのか、他にあるのか不明
島田駅〜六合駅間
no photo 横井川橋梁 1連 1.82m
(6尺)
2.42m
(8尺)
残存可能性:極少
現在の島田架道橋のあたりか
明治21年12月に6尺が、明治22年3月に8尺が
完成した模様
no photo (仮)道悦橋梁 1連 1.21m
(4尺)
残存可能性:高→極少
明治21年9月竣功
ストリートビューや航空写真ではありそうな雰囲気が
ある
橡山川(現大津谷川)の東岸築堤すぐ

2017年12月訪問。両側とも土管だった
六合駅〜藤枝駅〜西焼津駅〜焼津駅間
※未発見
焼津駅〜用宗駅間
31 (仮)瀬戸川西橋梁 半円 水路 整石 挟まれ 1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:低(2017年12月訪問)
明治21年11月竣功
瀬戸川の西岸200m付近
ストリートビューや航空写真では怪しい個所は見当たら
ない
こばやしさんのサイトで存在を確認
煉瓦積みのインバートがある
no photo 名称不明橋梁 1連 1.21m
(4尺)
残存可能性:
明治21年11月竣功
現行石部トンネル西側坑口付近
複数あるガードやBK水路の最も東側にストリートビュー
で水路のようなものが視認できる。要確認
32 (仮)石部橋梁 半円 2 水路 片出 1連 0.91m
(3尺)
明治21年10月竣功
海側の初代石部隧道の暗渠と思われる
複線化に伴い廃止され、沢水を新たに山側に掘削
したバイパス隧道を通させ、焼津側の沢に合流させ
たのではないか。
2016年1月現在の姿。2017年12月に見た時には
さらにかなり削られていた。なくなるのも時間の
問題かもしれない。
(仮)石部水路隧道 欠円 3 水路 整石 整石 片出 1連 未計測 当地が複線化した明治43年ごろ竣功か。
複線化に伴い先の(仮)石部橋梁が廃止された後
の代替水路として、線路と並行する当隧道を掘削
し、沢水を隣の沢に合流させたのではないか
上流側は埋没
床面は石畳で下流側は石畳のまま急流下り
用宗駅〜安倍川駅間
no photo 名称不明橋梁 1連 2.42m
(8尺)
残存可能性:
明治20年10月竣功
明細録では鞠子川(現丸子川)の東側すぐにあった
ようだがストリートビューからは確認できない。
現地未確認
安倍川駅〜静岡駅間
no photo 名称不明橋梁 1連 2.42m
(8尺)
残存可能性:極低
明治20年6月竣功
明細録では安倍川の東側300m付近にあったよう
だが電子地図、航空写真やストリートビューからは確認
できない。現地未確認
静岡駅〜東静岡駅〜草薙駅〜清水駅間
※未発見
清水駅〜興津駅間
no photo 蜆川橋梁 1連 1.49m
(4尺9寸)
残存可能性:
明治20年4月竣功。「シジミガワ」と読む?
明細録に「元2尺2スパンの所明治21年12月改築」の
記載がある
庵原川の西側だが現地未確認。
no photo 波多打川橋梁 1連 4.24m
(14尺)
残存可能性:
明治20年4月竣功
現況波多打川橋梁は切石橋台のガーダー橋となって
いる。流路が変わっているような雰囲気も感じる
が、その周辺にもそれらしい橋梁の雰囲気はない
興津駅〜由比駅
※未発見
由比駅〜蒲原駅間
no photo 八木沢橋梁 1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:極低
明治20年4月竣功
現況八木沢川橋梁は完全に改修された姿と思わ
れる
蒲原駅〜新蒲原駅〜富士川駅間
富士川駅〜富士駅間
33
34
new
新堀用水橋梁
半円
半円
4
4
水路
水路
整石
整石
整石
整石
両出
両出
1連
1連
1.82m
(6尺)
明治20年5月竣功
コンクリアーチ、煉瓦アーチ2本が並ぶ
真ん中の煉瓦アーチが最も古い物と思われる
35 new
近堀用水橋梁
半円 4 水路 整石 整石 片出 1連 3.03m
(10尺)
明治20年5月竣功
水量が多くて中に入れなかった
new
(仮)松岡橋梁
石桁 水路 整石 整石
煉瓦
両出 2連 極低の2径間石桁橋梁。橋脚部のみ煉瓦積み
富士駅〜吉原駅間
36 new
柵堀橋梁
半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 1.52m
(5尺)
明治21年12月竣功
これ以上ない劣悪な環境で存在する暗渠
new
淨閑堀橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:
明治21年12月竣功
想定地に笠石のような石積みを確認。埋殺された
ものと思われるが、北側は未確認
no photo new
中瀬堀橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:極低
明治21年12月竣功
想定地に痕跡は見いだせなかった
JR御殿場線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
沼津駅〜大岡駅〜下土狩駅〜長泉なめり駅〜裾野駅間
※未発見
裾野駅〜岩波駅間
37 new
天田川橋梁
半円 5 水路 煉瓦 整石 両出 1連 4.55m
(15尺)
本線:明治20年10月竣功
複線:明治23年9月竣功
床面は石畳
煉瓦アーチが通常レンガゾーンと焼過煉瓦ゾーンに分かれ
ている
38 new
木曽川橋梁
半円 水路 整石 挟まれ 1連 0.91m
(3尺)
本線:明治20年12月竣功
複線:明治23年10月竣功
土管の奥に潜む煉瓦アーチ
反対側も完全暗渠化しているものと思われる
岩波駅〜富士岡駅間
39 new
仲ノ町橋梁
半円 2 水路 煉瓦 整石 両出 1連 0.91m
(3尺)
本線:明治20年12月竣功
複線:明治23年10月竣功
アーチ環より上の坑門の長手積みが通常煉瓦以外
は焼過煉瓦を使用している。
40 new
前通橋梁
半円 4 水路 煉瓦 整石 両出 1連 1.82m
(6尺)
本線:明治21年2月竣功
複線:明治23年10月竣功
洞内の8割が焼過煉瓦アーチと坑門、2割が通常煉瓦
アーチと坑門になっている。2割の方が本線のものと
思われる
41 new
大坂堀橋梁
半円 3 水路 煉瓦 整石 両出 1連 1.21m
(4尺)
本線:明治20年12月竣功
複線:明治23年10月竣功
坑門の仕上がりが微妙に異なる。より精緻な方が
本線のものと思われる
富士岡駅〜南御殿場駅間
※未発見
南御殿場駅〜御殿場駅間
42 new
いもり沢橋梁
(いもり=虫へんに元)
半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 1.82m
(6尺)
本線:明治20年12月竣功
複線:明治23年10月竣功
床面は石畳
アーチを受ける土台の切石が迫り出している
43 new
五郎助沢橋梁
半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 3.03m
(10尺)
本線:明治20年12月竣功
複線:明治23年10月竣功
床面は石畳
アーチを受ける土台の切石が迫り出している
洞内アーチが通常煉瓦と焼過煉瓦に分かれている
御殿場駅〜足柄駅間
44 new
深沢川橋梁
半円 迫石 水路 整石 整石 両出 1連 3.64m
(12尺)
本線:明治21年5月竣功
複線:明治23年11月竣功
この辺りでは珍しくアーチ環は切石になっている
足柄駅〜駿河小山駅〜神奈川県境間
new
竹ノ下用水橋梁
1連 1.21m
(4尺)
残存可能性:改修?
本線:明治21年7月竣功
複線:明治23年10月竣功

想定地には坑門と内部側壁が切石で、天井がコン
クリ桁になっている暗渠が。アーチを撤去してコンクリを
挟み込んだと思われるが、ややサイズが合わない
気がするのがモヤモヤ点
no photo new
小山用水橋梁
1連 1.39m
(4尺6寸)
残存可能性:
本線:明治21年8月竣功
複線:明治23年10月竣功
その存在を確認できなかった。北側の桁橋に流路
変更されたか
no photo new
入山沢橋梁
1連 1.70m
(5尺6寸)
残存可能性:
本線:明治21年8月竣功
複線:明治23年10月竣功
想定地はコンクリ橋台の桁橋
no photo new
小山用水橋梁
1連 1.70m
(5尺6寸)
残存可能性:
本線:明治21年7月竣功
複線:明治23年10月竣功
存在は確認できないが…
no photo new
入山沢橋梁
1連 3.03m
(10尺)
残存可能性:改修?
本線:明治21年8月竣功
複線:明治23年10月竣功
想定地はBKになっていた