水路隧道



 


新潟県
JR北陸本線(富山県境~市振駅間:あいの風とやま鉄道線/市振駅~直江津駅間:えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン)
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
富山県境~~~糸魚川駅~梶屋敷駅~浦本駅間
※未探索未発見
浦本駅~旧能生駅間(廃線区間込み)
1 new(仮)鬼伏橋梁 半円 5 水路 整石 整石 両出 1連 3.03m
(10尺)
3.30m 笠石がある
坑門と内部側壁の石積みがイギリス積み
旧能生駅~旧筒石駅間(廃線区間)
2 new(仮)藤崎橋梁 半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.21m
(4尺)
1.54m この周辺の暗渠ではかなり小さい方
周辺ではこのサイズはコンクリ桁に煉瓦坑門タイプの方が
多い
3 new(仮)筒石橋梁 半円 6 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 3.03m
(10尺)
3.00m 両坑門とも片側に傾斜している
床面がインバート石畳
鉄道暗渠6層巻きはかなり数が少ない
旧筒石駅~旧名立駅間(廃線区間)
4 new(仮)名立橋梁 半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.82m
(6尺)
1.84m 特記なし
旧名立駅~有間川駅間(廃線区間込み)
5 new吉浦川橋梁 放物線 煉瓦 煉瓦 煉瓦 片出 1連 4.55m
(15尺)
4.50m 本州唯一か!?放物線煉瓦アーチ暗渠で全体的に
見ても非常に貴重な物件
巻厚も7層巻きで、8層巻の兵庫県(仮)高内西橋梁
に次いで多層巻き。同線のいさざ川橋梁とタイ記録
有間川駅~谷浜駅間
6 new第二有間川橋梁 半円 5 人道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.03m
(10尺)
2.30m 日本海に面しており高低差が殆どない。
日本海側とはいえ津波が怖い。地元の古老のお話
では実際波が暗渠を潜ってきたこともあるという
防潮ゲートが必要なのでは
設置の際は手前の車道BKにお願いします(笑)
7 new第三有間川橋梁 半円 5 人道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.03m
(10尺)
2.47m 第二有間川橋梁と瓜二つ
条件は同じ
8 new魦川橋梁
(いさざがわ)
半円 7 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 4.55m
(15尺
3.73m 吉浦川橋梁に続き2本目の7層巻き暗渠
現状7層巻きの鉄道暗渠は2本のみ
ホームページビルダーではいさざの漢字が出てこない…
9 new御種橋梁 半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 1.82m
(6尺)
1.59m 名称は現地銘板から確認
河川名は天神川水系阿比多川
new(仮)谷浜橋梁 石桁 水路 煉瓦 煉瓦 両出 2連 石桁暗渠だが、桁の積み方が特徴的
普通の桁に受けの切石がある
上流側には装飾的な水切りがある
谷浜駅~直江津駅間(廃線区間込み)
※未発見
JR信越本線(長野県境~妙高高原駅間:しなの鉄道北しなの線/妙高高原駅~直江津駅間:えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン)
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
長野県境~妙高高原駅間
※未発見
妙高高原駅~関山駅間
1 new(仮)妙高田切橋梁 切石
リブ
アーチ
水路 整石 整石 両出 1連 1.82m
(6尺)
鉄道暗渠では極めて珍しい3枚切石のリブアーチ
私は見た事ありません。
内部はアーチセントルに改修?されている
10 new郷田切川橋梁 半円 水路 整石 1連 2.42m
(8尺)
関川に注ぐ東側の坑門は山肌とともに大きく削がれ
ており、原形を留めていない
高低差も相当あり、人工の滝となっている
西側未確認のため詳細はリベンジ
11 new(仮)妙高二俣橋梁 半円 2 水路 煉瓦 煉瓦 片出
1連 0.91m
(3尺)
東側の坑門が絶壁の上に聳えているため、滝に
なっている
内部に潜入する術がない
西側は排水設備の中のようで視認不能
12 new太田切川橋梁 半円 迫石 水路 整石 整石 両出 1連 7.58m
(25尺)
7.60m 迫石34個、要石で構成される
笠石、帯石があり、坑門、胸壁ともに切石でフランス
積み調になっている。内部側壁も同様
床面は切石のインバート
両坑口付近に補修をうけている
鉄道暗渠では最大クラス
13 new(仮)関中第二橋梁 半円 3
現2
水路 整石 整石 両出 1連 1.21m
(4尺)
1.20m 鉄道庁の資料に存在しない
元々3層だったようだが1層取り払い、コンクリアーチに
改修している
名称は関中第三橋梁の起点側にあるので推測し
14 new関中第三橋梁 半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 1.52m
(5尺)
3層アーチにプラス1層コンクリアーチを増やして改修してい

名称は「LOOK!」というポール看板から
暗渠延長4.8m 158k384m33
1888年(明治21)年5月竣功
15 new小野沢川橋梁 半円 水路 整石 挟まれ 1連 2.42m
(8尺)
2.50m 東側コンクリアーチ、西側BKにて拡幅
この周辺では珍しく挟まれ橋梁
関山駅~二本木駅間
16 new(仮)関山末広橋梁 半円 4 水路 整石 整石 片出 1連 1.82m
(6尺)
3.25m 旧関山駅のスイッチバック路線にある暗渠。本線側の
方はガーダー橋
鉄道庁の資料に存在しない
内部アーチと側壁切石を繋ぐ切石が一回り小さい
17 new(仮)関山橋梁 半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 1.52m
(5尺)
1.70m 特記なし
18 new片貝村用水橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 2.42m
(8尺)
1.52m 内部側壁が切石1個分しか出ていない
二本木駅~新井駅間
19 new姫川原村用水橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 1.82m
(6尺)
アーチ環に「□に/、|」の刻印が複数ある
名称は「LOOK!」というポール看板から
暗渠延長11.0m 168k312m97
1886年(明治19)年8月竣功
20 new鳥坂村用水橋梁 半円 3 水路 整石 整石 両出 1連 1.21m
(4尺)
アーチ環に「キ」など複数種類の刻印がある
名称は「LOOK!」というポール看板から
暗渠延長8.0m 168k423m61
1886年(明治19)年8月竣功
新井駅~北新井駅間
21 new(仮)新井橋梁 欠円 3 水路 整石 両出 1連 鉄道庁の資料に存在しない
この周辺では珍しい欠円アーチ、と思われる
内部側壁がコンクリ改修されている
北新井駅~~~直江津駅間
※未探索未発見
直江津駅~~~新潟駅間
※未探索