水路隧道



 


神奈川県
JR御殿場線(旧東海道本線)
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
静岡県境〜谷峨駅間
no photo new
駒沢橋梁
1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:
明治20年12月竣功
未訪問だが、南側に水路表記があり、残存の可能
性がある
谷峨駅〜山北駅間
no photo new
山北用水橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:
明治20年12月竣功
落合川橋梁中央部から約30mの地点にあったよう
だが、現地では確認できなかった
廃線の鉄橋ができた際に廃止されたようで、現在
の山北用水は沢上流の煉瓦アーチ橋梁を通っている
new
落合川橋梁
半円 水路 煉瓦 挟まれ 1連 明治21年6月竣功
廃線にある煉瓦橋台鉄橋の奥に現役橋梁として
現存する。廃線の鉄橋の方が後年物のようだ
両坑門とも薄いコンクリで補修されているが、内部側
壁と天井アーチ部の煉瓦が確認できる
no photo new
山北用水橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:極低
明治20年12月竣功
落合川橋梁中央部から約18mの地点にあったよう
だが、現地ではコンクリで蓋をしたような形跡が見ら
れる
廃線の鉄橋ができた際に廃止されたようで、現在
の山北用水は沢上流の煉瓦アーチ橋梁を通っている
山北駅〜東山北駅間
new
川原橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 方出 1連 2.42m
(8尺)
明治20年11月竣功
内部側壁煉瓦がやや迫り出している
no photo new
孫沢橋梁
1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:極低
明治20年10月竣功
車道BKに改修されたものと思われる
no photo new
鳥ノ子橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:極低
明治20年10月竣功
想定地を現地確認。改修済みと思われる
no photo new
本村橋梁
1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:極低
明治20年10月竣功
南側坑門はコンクリ。構造物があり中に入れない
内部撮影したが内部もコンクリ。北側不明
東山北駅〜松田駅間
no photo new
榎沢橋梁
1連 1.21m
(4尺)
残存可能性:
明治20年10月竣功
現地未確認。南側から確認できそう
可能性は十分にあるが、周辺の物件改修ラッシュが
懸念
no photo new
天神沢橋梁
1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:極低
明治20年11月竣功
BKとミニマムアーチが並んでいるが両方ともコンクリ
改修されたものと判断する
no photo new
旗矢沢橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:極低
明治20年10月竣功
車窓からのチラ見だが、コンクリ放心円アーチだったと
思われる。もう少しちゃんと見ればよかった
松田駅〜相模金子駅間
no photo new
松田橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:
明治20年10月竣功
想定地は松田架道橋の西隣。これも車窓チラ見だ
が、コンクリだったと思うがはっきりしない
new
観音前橋梁
半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.52m
(5尺)
明治20年8月竣功
久しぶりの残存に胸を撫で下ろした物件
両出だが、両側坑門ともコンクリが塗りたくってある
内部は未改修
相模金子駅〜上大井駅間
no photo new
高堰橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:改修
明治20年9月竣功
車道BKに改修されている(高堰函きょ)
no photo new
中溝橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:改修
明治20年9月竣功
車道BKに改修されている(中溝函きょ)
no photo new
大井橋梁
1連 2.42m
(8尺)
残存可能性:改修
明治20年9月竣功
車道BKに改修されている(大井函きょ)
上大井駅〜下曽我駅間
※未発見
下曽我駅〜国府津駅間
no photo new
島田橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:極低
明治20年4月竣功
人道BKに改修されたようだ
no photo new
天神前橋梁
1連 2.42m
(8尺)
残存可能性:改修
明治20年4月竣功
車道BKに改修されている(天神前ガード)
JR東海道本線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
国府津駅〜二宮駅間
new
唐沢橋梁
半円 水路 煉瓦
整石
挟まれ 1連 1.52m
(5尺)
明治20年4月竣功
唐沢川。国府津駅直下に位置し、延長がある
開業から徐々に拡幅していったらしく、統一感が
ない。煉瓦アーチの側壁が煉瓦から切石に変化する
no photo new
羽尾橋梁
1連 2.42m
(8尺)
残存可能性:極低
明治20年3月竣功
想定地は塔台川のBK。
new
押切架道橋
馬蹄 4 車道 煉瓦 片出 1連 3.64m
(12尺)
明細録に記録がなく、後年物と思われる
鉄道暗渠では珍しい馬蹄型の坑門。往時の主要
道と思われる
坑門はコンクリで覆われている
new
山西橋梁
半円 5 人道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.03m
(10尺)
明治20年3月竣功
水路を人道でも活用している
アーチ環を受ける迫受石調に煉瓦を積んでいる
内部側壁は分厚いコンクリで補修している
二宮駅〜大磯駅間
no photo new
小磯川橋梁
1連 1.52m
(5尺)
残存可能性:極低
明治20年1月竣功
想定地は血洗川の2連BK。旧名称が小磯川?
new
(仮)東小磯橋梁
半円 水路 煉瓦 挟まれ 1連 1.82m
(6尺)
明細録に記録がなく、後年物と思われる
小磯川橋梁を捜索していて偶然発見。位置関係
から小磯川橋梁ではないと思われる
大磯駅〜平塚駅〜茅ヶ崎駅〜藤沢駅間
※未探索
藤沢駅〜大船駅間
no photo new
彌勒寺橋梁
1連 1.21m
(4尺)
残存可能性:不明
明治20年3月竣功
机上調査では想定地に痕跡を見出せなかった
no photo new
彌勒寺橋梁
1連 1.21m
(4尺)
残存可能性:不明
明治20年3月竣功
机上調査では想定地に痕跡を見出せなかった
大船駅〜戸塚駅間
no photo new
飯島橋梁
1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:
明治20年2月假(仮)橋成
明治20年12月本橋成
車道跨線橋である飯島橋のすぐ南側にある水路
が該当しそう
戸塚駅〜東戸塚駅間
no photo new
前山田橋梁
1連 2.73m
(9尺)
残存可能性:
明治20年3月竣功
想定地は川上川。可能性はある
no photo new
堂道橋梁
1連 2.42m
(8尺)
残存可能性:辛うじて視認可能
明治20年1月竣功
東戸塚駅下の堂道ガード、人道の南側、東側坑門
が殆ど埋まった状態で残存している。ストリートビュー
より確認。これも川上川の暗渠か。であれば現役
橋梁である
東戸塚駅〜保土谷駅間
no photo new
清水谷戸橋梁
1連 2.73m
(9尺)
残存可能性:
明治20年1月竣功
清水谷戸隧道、同地下道の西側の川が想定地
no photo new
和倉橋梁
1連 2.42m
(8尺)
残存可能性:確定(ハルニチ氏のブログで確認)
明治20年1月竣功
清水谷戸隧道の東側の今井川が想定地
no photo new
元町橋梁
1連 1.82m
(6尺)
残存可能性:
明治20年2月竣功
新厚木ガードの西側の今井川支流の沢が想定地
保土谷駅〜横浜駅〜〜〜東京都境間
※未探索
JR中央本線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
山梨県境〜藤野駅〜相模湖駅間
※未探索未発見
相模湖駅〜東京都境間
new
底沢橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦
整石
片出 1連 この辺りでは数少ない帯石、胸壁、笠石がある
隅石も配する
内部側壁底に二段切石を使用している