水路隧道



 


茨城県
JR常磐線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
千葉県境~~~土浦駅~~~岩間駅
    ※未探索                    
岩間駅~友部駅間         
1 new
(仮)南小泉橋梁
半円 5 水路
人道
整石 整石
両出 1連 3.64m
(12尺)
内部に継ぎ目があり、側壁がコンクリの西側
が後年ものと思われる
2020年11月訪問
 
友部駅~~~水戸駅間        
※未発見
水戸駅~勝田駅間
2 new
第一勝倉橋梁
半円 4 人道 整石 整石 片出 1連 1.82m
(6尺)
東側はBKにて拡幅されている
内部に分厚い覆工あり
事実上閉鎖されている
2020年11月訪問
勝田駅~佐和間
※未発見
佐和駅~東海駅間
3 new
高野疎水橋梁
半円 3 人道 煉瓦 煉瓦 両出 1連 2.42m
(8尺)
両出だが、西側の坑門はアーチ環を残して
コンクリ改修を受けている
内部も8割方コンクリアーチにて補強されている
東側は原型を留めている
2020年11月訪問
new
第二高野疎水橋梁
半円 水路 C C 両出 1連 未計測 坑門には迫石に似せた切り込みが2層ある
内部のアーチ部はコンクリブロックに見える
白華(エフロレッセンス)現象がブロックの隙間から
発生しているように見えるので、単に意匠
的な切り込みではないように感じた
2020年11月訪問
new
第三高野橋梁
半円 水路 C C 両出 1連 未計測   オーソドックスなコンクリアーチ
改修されたのか新設なのかは不明
2020年11月訪問
東海駅~大甕駅~常陸多賀駅間
※未発見
常陸多賀駅~日立駅間
4 new
桜川橋梁
半円 5 水路 整石 整石 片出 1連 未計測   東側がコンクリアーチ、西側は煉瓦アーチにて拡
幅している模様
オリジナルは中央部分。焼過煉瓦を使用
西側の煉瓦アーチ拡幅部分、坑門と側壁の
切石が江戸切り仕上げ、イギリス積みで配置
坑門は水路と斜め交差の為、アーチ環を斜め
積みにしている
2020年11月訪問
5 new
鮎川橋梁
欠円 6 水路 煉瓦 玉石
C
片出 1連 未計測   大口径の欠円アーチで、非常に稀
西側がコンクリ欠円アーチ、中央部は煉瓦アーチ
で側壁がコンクリ、東側は煉瓦アーチで側壁が
玉石練り積みでこれも稀
2020年11月訪問
日立駅~小木津駅間  
6 new
宮田川橋梁
半円 6 水路 煉瓦 煉瓦 片出 2連 未計測   大口径の2連アーチ
下流(東側)に煉瓦アーチ坑門が残る
中央部の水切りは控え壁(バットレス)の役割
があると思われる
上流(西)側はコンクリアーチであり内部が素掘

2020年11月訪問
7  new
北川橋梁
半円 4
5
水路 整石 整石 両出 1連  3.15m
(10.4尺)
  西側:巻厚4層。焼過煉瓦を使用
東側:巻厚5層。坑門、側壁の切石はイギリス
積み
東側が後年拡幅と思われる。斜橋であり、
アーチ環を斜め積みにしている
直角径間長は10尺か
2020年11月訪問
8  new
(仮)滑川橋梁
半円 3 水路 煉瓦 整石 両出 1連 未計測   笠石は西側は煉瓦積み。東側は石積みだ
が、後年差し替えの可能性が高い
上流から見て右側に、農業用水路跡?の
溝が残される
2020年11月訪問
9   new
田尻川橋梁
半円 4 水路
人道
煉瓦 整石 両出 1連  2.73m
(9尺)
  内部は西側を中心にモルタル補修を受け
ている。少々雑な感じが否めない
2020年11月訪問
小木津駅~十王駅間  
10 new
(仮)小木津橋梁
半円 3 水路
人道
煉瓦 煉瓦 両出 1連  3.33m
(11尺)
  笠石は石積み
11尺の橋梁はあまりお目にかかった記憶
がない
2020年11月訪問
十王駅~~~内郷駅間
※未発見
内郷駅~いわき駅間
 11 new
(仮)内郷御台境橋梁 
半円 5 車道 整石
煉瓦
整石
煉瓦
両出 1連 3.64m
(12尺)
  厳密には南側が常磐線の暗渠。北側は
磐越東線の暗渠
常磐線側:坑門に帯石がある
磐越東線側:笠石、隅石がある。笠石は江
戸切り
地震の影響か、亀裂が複数確認できる
坑門自体も西寄りに傾いて見える。錯覚?
2020年11月訪問
いわき駅以北          
※未探索