水路隧道



 


広島県
JR山陽本線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
岡山県境〜大門駅間
new
(仮)野々浜橋梁
半円 4 人道
水路
整石 整石 両出 1連 (仮)大門駅東橋梁
元々水路だったのを人道に転用した模様
煉瓦アーチが白くペイントされている
大門駅〜東福山駅間
new
(仮)大門架道橋
半円 4 車道 整石 整石 両出 1連 (仮)大門駅西跨道橋
南側は坑門、内部側壁がコンクリで覆われている
南側が後年物か
北側石積み坑門の上部の笠石にあたる部分に、
イギリス積みの煉瓦があり珍しい
new
(仮)大門橋梁
半円 4 水路 整石 整石 両出 1連 (仮)大門駅西橋梁
南側は坑門、内部側壁がコンクリで覆われている
2ヶ所に境目があり、2期に渡って拡幅されたか
北側石積み坑門の上部の笠石にあたる部分に、
イギリス積みの煉瓦があり珍しい
new
(仮)引野架道橋
半円 4 車道 整石 整石 片出 1連 (仮)引野町跨道橋
アーチ環、内部アーチは白く厚塗りされており、ぱっと
見では煉瓦アーチが分からなくなっている
東福山駅〜福山駅間
※未発見
福山駅〜備後赤坂駅間
new
(仮)小田川西橋梁
半円 水路 整石 挟まれ 1連 2.42m
(8尺)
両側ともにコンクリアーチにて拡幅されている
尚、この水路両側に廃石桁橋が残存する
往時は主要道だった可能性がある
備後赤坂駅〜松永駅間
※未発見
松永駅〜東尾道駅間
new
(仮)南松永東橋梁
石桁 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 通常ならアーチにしそうな佇まいだが、ここは桁
笠石部にデンティルの装飾有り
new
(仮)南松永西橋梁
石桁 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 通常ならアーチにしそうな佇まいだが、ここは桁
(仮)南松永東橋梁よりは控え目な印象
東尾道駅〜尾道駅間
new
長筋橋梁
欠円 2 人道
水路
煉瓦 煉瓦 両出 1連 煉瓦橋台に突っ張り棒のような上下アーチ構造物
が存在する超特殊物件
厳密には煉瓦アーチ橋梁ではないが、特別にカウント
する
天地を向いた2層の両アーチ環は焼過煉瓦、挟ま
れた部分はイギリス積みとなっている
煉瓦の橋台も装飾的で、隅石やイギリス積みの
小口一列飛ばしで焼過煉瓦を採用している
new
(仮)久保橋梁
石桁 人道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 一風変わった石桁橋梁
坑口上部からイギリス積みの小口面3分の1づつ
ずらして石桁に至るまでの坑口を窄めている
素人目にも橋梁の強度が増しそうな雰囲気を
感じる
ある意味変形リブアーチに見える
尾道駅〜糸崎駅間
new
(仮)観音寺下橋梁
石桁 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 (仮)久保橋梁の縮小版のような橋梁
坑口上部から長手積みを配し、5分の1程づらし
て石桁に至るまでの坑口を窄めている
糸崎駅〜三原駅間
※未発見
三原駅〜本郷駅間
new
(仮)本谷川西橋梁
半円 4 水路 煉瓦 整石 片出 1連 2.42m
(8尺)
片出だが、アーチ環や一部内部アーチは白ペイントの
厚塗り補修がされている
拡幅のコンクリアーチは何故か放物線アーチ
本郷駅〜河内駅間
new
(仮)菖蒲第一橋梁
石桁 水路 挟まれ 1連 菖蒲第一踏切の西側にある
拡幅部が長く、且つ狭低い物件の為、接近不能
new
(仮)北亀津橋梁
半円 3 車道 煉瓦
整石
整石 片出 1連 2.42m
(8尺)
永福寺の参道の橋梁と思われる
坑門に掠れた文字で「北亀津」とある、ような気
がする
new
(仮)田中C橋梁
石桁 水路 整石 整石 片出 1連 東側に「田中B橋梁」というガーダー橋があるので
下り線側にあるこれは「田中C」ではないかと…
石桁直下の側壁部一段が迫り出し、さらに下流
に向けて天井が数段毎の階段状に下がってい
くというかなり特殊な構造を有する
河内駅〜入野駅間
※未発見
入野駅〜白市駅間
new
(仮)入野川架道橋
半円 3 車道 整石 整石 片出 1連 2.73m
(9尺)
オーソドックスな石坑門煉瓦アーチ架道橋
白市駅〜西高屋駅間
10 new
(仮)小谷橋梁
半円 3 人道
水路
整石 整石 挟まれ 1連 1.82m
(6尺)
挟まれだが、一部石積み坑門が確認できる
坑門に掠れた文字で「○西」とある。「宮西」?
「富西」?ただし、西も違うかもしれない
11 new
(仮)小谷上条橋梁
半円 3 人道 整石 整石 片出 1連 1.82m
(6尺)
小谷橋梁のすぐ西側にあるが、こちらは片側の
坑門が露出している