水路隧道



 


千葉県
JR内房線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
蘇我駅~~~木更津駅~~~大貫駅
    ※未探索                    
大貫駅~佐貫町駅間         
new
(仮)小久保川橋梁
石桁? 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 北側2m程が石桁…に見えるが違うかも
しれない。そこから南側は完全にコンクリ桁
2021年11月訪問
 
佐貫町駅~上総湊駅間        
new
(仮)笹毛橋梁
C桁 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 完全にコンクリ桁だが、存在感があるので
特別掲載
2021年11月訪問
1  new
(仮)上総湊橋梁
半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 1.82m
(6尺)
  絶海のレンガアーチとしてAmiさんのブログで
紹介された物件。当方訪問時、西側(海側)
坑門は埋没から復旧されていた。
東側から訪問したため、時間短縮になった
が色々アカンアプローチでしたw
2021年11月訪問
上総湊駅~竹岡駅間
2 new
(仮)燈籠坂大師橋梁
放物線 3 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.82m
(6尺)
本州2例目となった放物線の煉瓦アーチ拱渠
内房線では現状唯一の超貴重物件
床面はコンクリ製のインバートとなっている
結論から外房線には複数あったため、外房
の技師が携わったのかもしれない
2021年11月訪問
 new
(仮)
萩生北橋梁
アーチ 水路 両出 1連   まさかまさかの完全素掘りで線路下を潜る
さすが房総、素掘り大国といったところか
ここまできたら隧道でしょって感じだが、一
応線路潜るし、橋梁ということにした
2021年11月訪問
3  new
(仮)萩生南橋梁
半円 水路 C 挟まれ 1連 1.82m
(6尺)
  素掘りに挟まれて辛うじて煉瓦アーチだった
物件。最初はここもオール素掘りかと思ったw
側壁はコンクリで、大正物件ならではの過渡
期の象徴のような状態
2021年11月訪問
竹岡駅~浜金谷駅間
4  new
(仮)高磯橋梁
半円 3 水路 整石 C 片出 1連 1.82m
(6尺)
東側の坑門が露出。珍しく整石積み
しかし内部側壁はコンクリだった
東側から、煉瓦、素掘り、セントル管、素掘り
コンクリBOX、で海に出る目まぐるしい
物件だった
2021年11月訪問
浜金谷駅~保田駅~安房勝山駅~岩井駅間
    ※未発見                    
岩井駅~富浦駅間          
5  new
(仮)高崎橋梁
半円 3? 水路 C 挟まれ 1連 1.82m
(6尺)
素掘りの先に辛うじて煉瓦アーチが残存
アーチも下部はコンクリで、ここまでやって上を
煉瓦にした理由がよくわからない
施工も雑な印象を受ける
東側から素掘り、煉瓦、コンクリアーチとなって
いる
2021年11月訪問
6  new
(仮)小浦橋梁
半円 車道 C 片出 1連 3.03m
(10尺)
国道側はコンクリアーチ
東側が露出するが、一面モルタルで覆われて
いるため、坑門が視認できない
ここもアーチ下部はコンクリ製。煉瓦の終焉を
象徴している雰囲気
車道ではあるが、両脇のガードレールのお陰
で非常に狭い。出た先の道も軽トラ規格
2021年11月訪問
7  new
新田川橋梁
馬蹄型 4
5
水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 4.85m
(16尺)
  内房線では現状最大径間
馬蹄型であり、その威容は鉄道トンネルの様
巻厚は西側が4層、東側が5層となっている
地質の違いで変えたか、どちらかが後年
拡幅の可能性がある
2021年11月訪問
富浦駅~那古船形駅間
 -   new
(仮)
原岡橋梁
放物線 水路 C C 片出 1連   オールコンクリの放物線アーチ拱渠
安房勝山駅-那古船形駅間は大正7年竣
工。そろそろ煉瓦は姿を消すのか
2021年11月訪問
那古船形駅~館山駅~~~安房鴨川駅間 大正8年~大正14年にかけて建設された。見やすい箇所を所々チェックしたがコンクリだった
※ほぼ未探索未発見
JR外房線            
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
千葉駅~~~蘇我駅~~~茂原駅~~~東浪見駅間
    ※未探索未発見                    
東浪見駅~太東駅間         
 -   new
(仮)
椎木橋梁
アーチ 水路 両出 1連   内房線に続いて外房線でも素掘り橋梁が
登場。いや、隧道ですけどね…
長期の車両からの振動にも耐えるというの
か、房総の土よ…
2021年11月訪問
太東駅~~~浪花駅間          
    ※未発見                    
浪花駅~御宿駅間       
8 new
(仮)久保橋梁
半円 4 車道 煉瓦 煉瓦 両出 1連 2.42m
(8尺)
  内部の煉瓦が色褪せなく非常に綺麗
オーソドックスな煉瓦アーチ
2021年11月訪問
御宿駅~勝浦駅間  
9 new
(仮)須賀橋梁
放物線 3 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.82m
(6尺)
  御宿駅のホーム南端を潜る放物線煉瓦拱渠
ゆえに割と延長がある
2021年11月訪問
10  new
砂田橋梁
半円 5 車道 煉瓦 煉瓦 片出 1連  3.64m
(12尺)
  隣の砂田架道橋の旧道と思われる
最明寺の参道橋梁のような立地
オーソドックスな煉瓦アーチ
2021年11月訪問
11 new
(仮)妙音寺橋梁
半円 4 車道 煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.03m
(10尺)
  妙音寺の参道橋梁で異存がないぐらい
真ん前に位置する
オーソドックスな煉瓦アーチ
2021年11月訪問
12 new
(仮)観音寺橋梁
半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連  1.82m
(6尺)
  北側は土管で拡幅&グレーチングの下にあり
アプローチ不能
環境は悪いが比較的綺麗な状態を保つ
2021年11月訪問
13  new
(仮)部原橋梁
放物線 3 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.82m
(6尺)
  山中奥深くに潜む放物線煉瓦拱渠
Amiさんに見つけて頂いた案件
2021年11月訪問
14  new
支保川橋梁
放物線 4 水路 煉瓦 煉瓦 片出 1連 3.03m
(10尺)
  南側のみ開口。北側は土管、暗渠化の為
アプローチ不能
植生が酷く、坑門を撮影できなかったが、
内部は非常に美麗
2021年11月訪問
 15  new
墨名川橋梁
放物線 4 水路 煉瓦 煉瓦 挟まれ 1連 3.03m
(10尺)
  勝浦駅のすぐ北側にひっそりと暗渠化する
放物線煉瓦拱渠
結論から、
千葉県内の放物線アーチは、
内房線の1件を加えて合計
5件となった
2021年11月訪問
勝浦駅~~~安房鴨川駅間     昭和に入って建設された。見やすい箇所を所々チェックしたがコンクリだった
    ※ほぼ未探索未発見                    
  JR総武本線          
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
千葉駅~東千葉駅間
    ※未探索                    
東千葉駅~都賀駅間  
16  new
高品架道橋
半円 3 車道 煉瓦 煉瓦 片出 1連  2.42m
(8尺)
  東側が露出。笠石部分に雁木という装飾
帯が一列用いられている
2021年11月訪問
 17  new
宮の下架道橋 
半円 3?
車道
煉瓦 煉瓦 片出 1連  2.42m
(8尺)
  東側が露出。笠石部分に雁木という装飾
帯が二列用いられている
坑門のアーチ環に補修を受けている為、巻厚
が確認出来ないが、西側で一部確認可能
それにしてもこの立地でよく取り壊されず
に遺ったものである
2021年11月訪問
都賀駅~~~南酒々井駅間
※未探索
南酒々井駅~榎戸駅間
 18   new
上勝田第1号架道橋
半円 4 車道 煉瓦 煉瓦 両出 1連 3.64m
(12尺)
  笠石は持送り積み
アーチ環には焼過煉瓦を使用している
2021年11月訪問
 19   new
上勝田第2号橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連   河川名は南部川
笠石は持送り積み
アーチ環には焼過煉瓦を使用している
分厚いコンクリ巻が施されている為、内部の
煉瓦を見ることはできない
2021年11月訪問
榎戸駅~八街駅          
※未探索
 20   new
榎戸新田橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 1.82m
(6尺)
  笠石は持送り積み
アーチ環には焼過煉瓦を使用している
時間の都合で南側を見ることができなかっ
た。内部も深く、長靴不可
2021年11月訪問
八街駅~~~成東駅~~~飯岡駅間 
    ※未探索                     
飯岡駅~倉橋駅間   
 21  new
蛇園第1号橋梁
半円 4 車道 煉瓦 煉瓦 両出 1連 2.73m
(9尺)
  笠石は持送り積み
中央部は補修を受けている。抜け道のよう
で径間の割に交通量が多く、比して損傷度
合も高め
2021年11月訪問
22   new
蛇園第2号橋梁
半円 4 人道 煉瓦 煉瓦 両出 1連 2.12m
(7尺)
  笠石は持送り積み
内部の大部分がコンクリート巻にて補修を受け
ている。農作業用の通路のようだ
2021年11月訪問
倉橋駅~猿田駅間 
 23 new
(仮)猿田第1号橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 2.42m
(8尺)
  河川名は海上川?(下流で高田川)
南側坑門に「猿田第〇拱渠」と白ペイントにて
記載がある。肝心の〇の部分が見えない
なので第何号かは推測。〇の部分を一号
と判断
他にも何か書いてあるが、判読不能
周囲が藪に覆われており、アプローチが非常
に困難
笠石は持送り積み
※倉橋駅東寄りで1回川を潜るが、そこはBKだった…と
思うが、ぱっと見なので…

2021年11月訪問
 24  new
(仮)猿田第2号橋梁
半円 水路 煉瓦 挟まれ 1連   河川名は海上川(下流で高田川)
北側はBK拡幅、南側も出ていなかったと
思うが、夕暮れ遅く、内部も長靴では入れ
ない深さの為、詳細な調査ができなかった
2021年11月訪問
 25   new
(仮)海上川第1号橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連   河川名は海上川(下流で高田川)
ここも深くて接近は出来るが内部は無理
南側未確認
笠石は持送り積み
2021年11月訪問
26  new
(仮)海上川第2号橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 3.03m
(10尺)
  河川名は海上川(下流で高田川)
ここも深くて接近は出来るが内部は無理
猿田神社の先神橋とセットで施工されたと思
われる。流路に沿って翼壁を曲げており、
その精緻な造りは先神橋に勝るとも劣らな

白いペイントで「〇〇川第〇号拱渠」とある
ように見える。ここも肝心な所が見えない!
2021年11月訪問
猿田駅~松岸駅間
 27  new
(仮)海上川第3号橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 3.03m
(10尺)
  河川名は海上川(下流で高田川)
ここも深くて接近は出来るが内部は無理
北側未確認
白いペイントで「海上川第〇拱渠」とある
ように見える。ここも肝心な所が見えない!
〇の部分はっきりと「二」は見えるがその上
に一本横棒がありそう…てなことで第三に
している
2021年11月訪問
 28  new
(仮)高田川第1号橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連   河川名は海上川?この辺りで高田川との
境になるようだが、微妙…
ここは浅瀬がなく、近寄ることもできなかっ

笠石は持送り積み
2021年11月訪問
  new
(仮)高田川第2号橋梁
アーチ 水路 片出 1連   河川名は高田川
この流れでまさかの素掘り。線路を斜めに
横切っている。上流側がBK。下流側は素
掘りのまま。東側にもう一本小さい素掘りが
潜っているが、ノーカウント
2021年11月訪問
 29  new
(仮)高田川第3号橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 3.03m
(10尺)
  河川名は高田川
ここも深くて接近は出来るが内部は無理
南側未確認
両端のない帯石装飾があり、笠石との間
に広い胸壁がある
笠石は持送り積み
2021年11月訪問
 30   new
(仮)高田川第4号橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 3.64m
(12尺)
  河川名は高田川
ここも深くて接近は出来るが内部は無理
北側未確認
笠石は持送り積み
2021年11月訪問
 31   new
(仮)高田川第5号橋梁
半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連 3.64m
(12尺)
  河川名は高田川
ここも深くて接近は出来るが内部は無理
北側未確認
斜橋になっており、アーチ環をずらして配し
ている。直角径間長およそ3.82m
2021年11月訪問
※海上川(高田川)シリーズは基本的に強烈な藪と水量も多く、探索が非常に困難。それでいて所々に名称のペイントがあって非常に悩ましい。名称確定の為にもウェーダーで再トライするか…            
松岸駅~銚子駅間
    ※未探索