水路隧道



 


和歌山県
JR和歌山線
名称 アーチ
形状
巻厚 利用
形態
坑門 側壁 状態 径間
径間

高さ
(実測)
特記
和歌山駅〜〜〜名手駅間
※未発見
名手駅〜西笠田駅間
穴伏川橋梁 半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連
西笠田駅〜〜〜中飯降駅間
※未発見
中飯降駅〜高野口駅間
大野第2号架道橋 半円 3 車道 煉瓦 煉瓦 両出 1連  3ナンバーでも辛うじて通れる。高さ制限2.4m
 アーチ環に焼過煉瓦を使用。
 笠石に雁木の装飾を施している。
大野第1号架道橋 半円 3 車道 煉瓦 煉瓦 両出 1連  3ナンバーでも辛うじて通れる。高さ制限2.4m
 アーチ環に焼過煉瓦を使用。
 笠石に雁木の装飾を施している。
 内部アーチはモルタル補修を受けている。
高野口駅〜紀伊山田駅間
岸上川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連  管理用か、通路あり
紀伊山田駅〜橋本駅間
※未発見
橋本駅〜下兵庫駅間
妻川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連  幅に対して高さが異様にある橋梁。
 内部側壁の切石は分かるだけで15段あ
る。
西川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連
下兵庫駅〜隅田駅間
釜谷川橋梁 半円 4 水路 整石 整石 両出 1連
隅田駅〜奈良県境間
※未発見
JR和歌山線(旧線)
隅田駅〜奈良県境間
落合川橋梁 半円 5 水路 整石 整石 両出 1連  鉄道暗渠では最大クラスの口径を誇る。
南海本線
大阪府境〜紀ノ川駅間
第三中橋梁 半円 1 水路 煉瓦 煉瓦 方出 1連  東側は滝壺のようになっている。
紀ノ川駅〜和歌山市駅間
(仮)福島橋梁 石桁 水路 煉瓦 煉瓦 不明 1連  東側は未確認
宇治橋梁 半円 3 人道 煉瓦 煉瓦 両出 1連  内部側壁が小口半分程度迫り出している
南海高野線
大阪府境〜紀見峠駅〜林間田園都市駅間
※未発見
林間田園都市駅〜御幸辻駅間
更新橋谷川橋梁 半円 4 水路 煉瓦 煉瓦 方出 1連  要石がある。右下がりの横断勾配。
 内部で屈曲している。
 坑門の損傷が目立つ物件。
御幸辻駅〜橋本駅間
※未発見
橋本駅〜紀伊清水駅間
(仮)古佐田橋梁 半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 方出 1連  北側は未確認
 坑門が前後にやや傾斜している
大師第1号橋梁 水路 煉瓦 両出 1連  ガーダー橋
 位置
紀伊清水駅〜学文路駅間
大師第7号橋梁 水路 煉瓦 両出 1連  ガーダー橋
 49k566m75
 位置
no photo 大師第8号橋梁 水路 煉瓦 両出 1連  ここのガーダー橋のこと?未確認
 位置
大師第9号橋梁 半円 水路 両出 1連  コンクリートアーチ暗渠
 位置
大師第10号橋梁 半円 4 水路 煉瓦 両出 1連  内部側壁がコンクリ製。元々そうなのかは
判別不能。
学文路駅〜九度山駅間
大師第11号橋梁 半円 水路 両出 1連  コンクリートアーチ暗渠
大師第12号橋梁 半円 水路 両出 1連  コンクリートアーチ暗渠
大師第13号橋梁 半円 3 水路 煉瓦 煉瓦 両出 1連  下流側坑口向かって左側内部側壁に
2段の煉瓦迫り出しがある。
九度山駅〜高野下駅間
大師第14号橋梁 半円 4 水路 煉瓦 不明 片出 1連  旧九度山発電所の水圧鉄管を通していた
と想定される暗渠
 橋梁名は当方の勝手な予測
 現在は煉瓦で蓋をしてあり、下部に排水
用の土管がある

 アーチ環に、ねじりまんぽ物件に見られる斜
め積みの出っ張りがある。内部がどうなって
いたのか非常に気になる
大師第15号橋梁  旧九度山発電所の導水路が潜る暗渠
 橋梁名は当方の勝手な予測
 導水路はこの後もう一回線路を潜るが、
BKで土被りも少ないため、勝手にこちらを
第15号に認定
大師第16号橋梁 半円 4 人道
水路
煉瓦 煉瓦 両出 1連  アーチ環に、ねじりまんぽ物件に見られる斜
め積みの出っ張りがある。がねじりまんぽ
ではない
高野下駅〜極楽橋駅間
※未探索(昭和3年〜4年開業なので存在の可能性は低い)